プレイステーション2「SCPH-90000 CB」の本体が生産終了に

プレイステーション2「SCPH-90000 CB」の本体が生産終了に

 プレイステーション2「SCPH-90000 CB」の本体が生産終了になるそうです。

 PS2の本体は、これまで様々な型番が発売され、現在は、この「PlayStation 2(SCPH-90000シリーズ) チャコール・ブラック」のみが発売されていますが、このハードもついに生産終了になるそうです。

 公式発表されていないので、いつ生産終了になるのかは不明ですが、在庫がなくなれば入手困難になると予想されるので、欲しい人がいれば、今のうちに購入しておくといいかもしれません。

PS2の本体は、これまで様々な型番が発売され、現在は、この「PlayStation 2(SCPH-90000シリーズ) チャコール・ブラック」のみが発売されていますが、このハードもついに生産終了

<プレイステーション2「SCPH-90000 CB」>
・ 名称 PlayStation 2(SCPH-90000シリーズ) チャコール・ブラック
・ 型番 SCPH-90000 CB
・ 発売日 2007年11月22日(木)
・ 希望小売価格 16,000円(税込)
・ 同梱物
 PlayStation 2本体 ×1
 アナログコントローラ(DUALSHOCK 2) ×1
 AVケーブル(映像/音声一体型) ×1
 電源コード ×1
・ 外形寸法 約230×28×152mm(幅×高さ×奥行き)
・ 質量 約720g

 情報元

 プレイステーション2「SCPH-90000 CB」 Amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    PS3に互換復活させてくれるのが一番いいんだけど…
    でもコスト高くなるから、もうやらないっぽいし……

  2. 匿名 より:

    90000型なんて知らなかった
    てかまだ生産してたんだ…
    なんか寂しい

  3. 匿名 より:

    PS2は変態機能の塊だからなぁ
    互換は美学とか言って売りにしてたんだから、久多良木は夢見ずにもうちょっとユーザーの事を考えてくれたらなぁ