PS4の販売台数が420万台を突破、PS4ソフトは970万本以上

PS4の販売台数が420万台を突破、PS4ソフトは970万本以上

 PS4の販売台数が420万台を突破したことが発表されました。

 これは、全世界での累計販売台数で、2013年12月28日時点の数字です。
 また、420万台は、実売での台数となっています。

 PS4ソフトの販売本数は、970万本以上となっており、ソフトでは、「Call of Duty: Ghosts」、「Assassin’s Creed IV: Black Flag」、「Battlefield 4」、「FIFA 14」、「Killzone Shadow Fall」が好調になっているとのことです。

 さらに、PSプラス会員も、PS4発売以降、90%以上の伸びを記録していることが発表されています。

 その他、PS4本体に用意されているゲームのネット配信機能については、

・ 現在までにUstreamおよびTwitchを通じた生中継が170万回以上、計55万分以上
・ Twitchを通じてゲームプレイを配信したPS4ユーザーは、同サービスでゲームプレイを配信した人の20%に相当
・ Ustream ではPS4ユーザー1人あたりが配信したゲームプレイの平均時間が40分
・ これらのインターネット中継サービスで配信されたゲームプレイは各国のPS4ユーザーに22万回以上観戦

・・・というデータも発表されています。

 よって、PS4ハードの初期セールスは非常に好調で、ソフトも、単純計算でPS4本体1台あたり2本以上の販売があり、順調に売れているようです。

 情報元

 PS4 予約 : Amazon  楽天  iconビックカメラ  iconソフマップ

 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    まだPS4でやりたいゲームが無い
    値下げしてから買うかねえ

  2. 匿名 より:

    これでもまだ需要に供給が追いついてないという
    日本発売も控えてるし、こりゃ年度末500万台なんて楽勝だな

  3. dsc4 より:

    数字は確かに凄いことになっているな!
    ただ個人的には、まだPS4の魅力が分からないでいる・・・

  4. 匿名 より:

    まあ、なんせソフトが出てきてから、だな