PSVITAのバージョン2.10、フォルダ作成機能、カードセット時のアイコン表示追加、ブラウザでのストリーミング再生など

PSVITAのバージョン2.10、フォルダ作成機能、カードセット時のアイコン表示追加、ブラウザでのストリーミング再生など

 PSVITAのシステムソフトウェアがバージョン2.10にアップデートされました。

今回の更新では、フォルダ作成機能、カードセット時のアイコン表示の追加、ブラウザでのストリーミング再生など、様々な変更が行われています

 今回の更新では、フォルダ作成機能、カードセット時のアイコン表示の追加、ブラウザでのストリーミング再生など、様々な変更が行われています。

 アップデート内容の概要は次のようになっています。

<PSVITA バージョン2.10>
システム
・ ホーム画面のアイコンをフォルダーで管理できるようになりました。
・ ホーム画面のアイコンのレイアウトがメモリーカード毎に保存され、メモリーカードを差し替えて多くのコンテンツを楽しみやすくなりました。

コンテンツ管理
・ PS Vitaとナスネ(*1)を同一のネットワークにWi-Fi接続することで、コンテンツの転送ができるようになりました。
・ PlayStation3(*2)からPS Vita規格ソフトウェアをコピーするときに、アップデートデータがあるかどうかを確認し、自動でダウンロードされるようになりました。
・ PS VitaのデータをPS3(*2)/パソコン(Windows/Mac)(*3)/ナスネ(*1)にバックアップするときに、名前を付けて保存できるようになりました。
*1 ナスネのシステムソフトウェアのバージョンを1.71以上にしておく必要があります。1.71の配信開始は近日中を予定しています。
*2 PS3のシステムソフトウェアのバージョンを4.40以上にしておく必要があります。
*3 パソコンの“コンテンツ管理アシスタント for PlayStation”のバージョンを最新版にしておく必要があります。
・ モバイルネットワークを使って、ゲームのセーブデータをオンラインストレージにアップロード/ダウンロードできるようになりました。(この機能を使うにはPlayStationPlusへの加入が必要です)
* ご利用のモバイルネットワークオペレーターによって、アップロード・ダウンロードのデータサイズに制限があります。

ブラウザー
・ Webページ上の動画をストリーミングで再生できるようになりました。(動画の種類によっては再生できないものがあります)

Eメール
・ HTML形式のメールの表示に対応しました。
・ ひとつの連絡先に複数のEメールアドレスを登録できるようになりました。
・ キーワード検索の検索対象にメールの“本文”と“すべて”が追加されました。
・ 連絡先リストに登録されたデータを初期化できるようになりました。

グループメッセージ
・ 新規メッセージ作成時に、複数の宛先を一度に選択できるようになりました。

設定
・ ヘッドホン端子が抜けた時に、自働的にPS Vita 本体のスピーカーの音声を消音にする設定を追加しました。
・ 【省電力設定】>【Wi-Fiを省電力モードで使う】を追加しました。この変更に伴い、【ネットワーク】>【Wi-Fi設定】の【Wi-Fi接続を自動で切断する】を削除しました。

 各機能の詳細はこちらに掲載されています。

 なお、PSVITAのシステムソフトウェア「バージョン2.10」を紹介した動画も公開されています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ヴィータ より:

    Youtubeがそのまま観れるようになって便利
    いいアップデートだ