ソニー、予想を上回る268億円の黒字。PS4や「アメイジング・スパイダーマン2」が好調

ソニー、予想を上回る268億円の黒字。PS4や「アメイジング・スパイダーマン2」が好調

 ソニーが、「平成27年3月期 第1四半期決算」を発表しました。

 これによると、ソニーの決算は、

 ソニーの4-6月期連結純損益は268億円の黒字となり、予想外の黒字を計上した

・・・となっており、

 アナリスト4人の予想平均は115億円の赤字

・・・という事前の予想を良い意味で裏切り、予想を上回る268億円の黒字を確保しています。

 黒字になった理由は、PS4の好調なセールス、「アメイジング・スパイダーマン2」などの映画事業の好調によるものとされています。

 特にゲームについては、

 4-6月期のゲーム分野の営業損益は43億円の黒字となり、前期の164億円の赤字から改善。PS4とそれに伴うネットワークサービス収入の大幅増が貢献

・・・ということで、PS4本体+PSプラスの課金システムがかなり成功しているようです。

 ちなみに、ソニーのスマホについては、

 ソニーは今回、今期のスマホの販売目標を4300万台と、従来の5000万台から下方修正した。4-6月期のモバイル事業の営業収支も27億円の赤字となり、前年同期の126億円の黒字から悪化した。

・・・とのことで、こちらは、

 韓国サムスンや米アップルに大きく水を開けられただけでなく、中国の小米科技(シャオミ)にも抑えられて7位にとどまった

・・・となっていて、まだまだシェア拡大には至っていないようです。

 ということで、ソニーの「平成27年3月期 第1四半期決算」は、赤字になるという予想が多い中、黒字となるサプライズな内容になっていて、特に海外で売れているPS4がソニー本体の業績に大きく貢献しており、PS3の初期とは真逆の状態になっています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    色々ビル売っときながら黒字ですっつてもなあ

  2. 匿名 より:

    やっぱりソニーはVitaは置いといて
    PS4に力入れた方が良さそう

  3. 匿名 より:

    日本にいるとあまり実感ないけど、海外ではやっぱりPS4好調なんだね。

  4. 匿名 より:

    ビルの影響が大きいだろうな。

  5. 匿名 より:

    ビルとスクエニ株売却で、約200億円の利益計上だから利益の大半が本業以外という・・・

    しかしゲーム事業は、任天堂の倍(売上高5,900億円予想)以上の1兆2,400億円も売り上げる
    予想なのに、利益が200億円想定(任天堂は300億の黒字予想)とかどんだけコスト高いんだ・・・?