スプラトゥーン、「ネコ vs イヌ」のヨーロッパ フェス第6回の結果が発表。アメリカとは違うものに

スプラトゥーン、「ネコ vs イヌ」のヨーロッパ フェス第6回の結果が発表。アメリカとは違うものに

 スプラトゥーンのヨーロッパのフェス第6回目の結果が発表されました。

 今回は、「ネコ vs イヌ」のお題で実施されており、どちらが好きかを問うものです。

スプラトゥーンのヨーロッパのフェス第6回目の結果が発表されました

 まず、得票率は、ネコ46%、イヌ54%で、イヌ派の勝ちです。

「ネコ vs イヌ」のお題で実施されており、どちらが好きかを問うものです

 勝率は、ネコ56%、イヌ44%で、ネコ派の勝ちです。

アメリカで同じお題で行われた時は、得票率はネコ38%、イヌ犬62%と、犬の方がかなり票が多かったので、アメリカとヨーロッパでは犬と猫の人気が少し違う

 そして、最終結果は、勝率が4倍され、ネコ派の勝利となっています。

 ということで、ヨーロッパでは犬の方が少し人気が高かったものの、勝率で負けてしまう結果になっています。

 なお、アメリカで同じお題で行われた時は、得票率はネコ38%、イヌ犬62%と、犬の方がかなり票が多かったので、アメリカとヨーロッパでは犬と猫の人気が少し違うようです。