スプラトゥーン、ツルツル職人の阪口氏がNintendo Laboに行っていたことが判明

スプラトゥーン、ツルツル職人の阪口氏がNintendo Laboに行っていたことが判明

 ニンテンドースイッチで発売予定の「Nintendo Labo」のインタビュー記事が、公式サイトで公開されました。

 今回のインタビューでは、スプラトゥーンのディレクターだった阪口翼氏が、ディレクターをしていることが明らかにされています。

 

スプラトゥーンのツルツル職人がNintendo Laboに

スプラトゥーンのツルツル職人がNintendo Laboに

 スプラトゥーンは、イカ研究員などとしてよく登場するので、野上恒氏がプロデューサーであるということは、広く知られていると思います。

 ただ、誰が実際の作業を仕切っているディレクターなのかはあまり知られていないかもしれません。

 スプラトゥーンのWiiU版のディレクターは、任天堂の天野裕介氏と阪口翼氏です。

 このうち、天野裕介氏は、ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」で、引き続きディレクターをしています。

 一方、阪口翼氏はスプラトゥーン2の開発スタッフではなくなっており、2作目の発売当初からどこに行ったのかと不思議に思う声が出ていました。

 今回、その阪口翼氏の最近の仕事が明らかになっています。

これによると、任天堂の阪口氏は、ニンテンドースイッチ用のダンボールを使う「あたらしい遊び」として発売予定の「Nintendo Labo」のディレクターをしているそうです

 これによると、任天堂の阪口氏は、ニンテンドースイッチ用のダンボールを使う「あたらしい遊び」である、「Nintendo Labo」のディレクターをしているそうです。

 よって、こちらの仕事を行っていたので、「スプラトゥーン2」のディレクターではなくなっていたということになります。

スプラトゥーン1と2で、操作まわりの他、「地形のシステム」の違いを感じていた人も、「ツルツル職人」の有無の違いを感じていたかもしれません

 ちなみに、WiiU「スプラトゥーン」のときに、阪口氏は、社長が訊くのインタビューにおいて、プレイヤーの操作まわりを「ツルツルに磨き上げた」ともコメントしており、「これには自信があります」として、かなり強気の発言も行っていました。

 そして、この強気の発言通り、WiiU「スプラトゥーン」は、操作感が気持ち良いとも評価され、大きくヒットすることになります。

 その後、スプラトゥーンが2作目になって、この操作まわりが、どう変わったのか、あるいは変わっていないと感じたかは人それぞれです。

 ただ、現在でも、1作目の方がプレイしていて楽しいという人もいるので、そのように感じる人は、もしかしたら、この「ツルツルに磨き上げた」職人がいたかどうかの違いを感じているのかもしれません。

 なお、「Nintendo Labo」のインタビューでは、阪口氏は次のようなこともコメントしています。

 WiiUの『Splatoon(スプラトゥーン)』では、プレイヤーの操作やアクションとその対になる地形のシステムとを中心に作っていました。
 いずれも何か操作をして、反応があるところです。
 そういうところが好きだし、ちょっと得意という自覚はあって。

 よって、スプラトゥーン1と2で、操作まわりの他、「地形のシステム」の違いを感じていた人も、「ツルツル職人」の有無の違いを感じていたのかもしれません。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    たしか阪口さんスプラトゥーンの前はNintendo Landの開発スタッフだったよね、ハードの機能を活かしたソフトに多く関わっている印象。

  2. mark 1 より:

    Nintendo Laboのoが足りないのでは?

  3. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    修正しました!

  4. 匿名 より:

    2も面白いけどな