スプラトゥーン2、イカスフィア弱体化のために26回も単語が登場してしまう

スプラトゥーン2、イカスフィア弱体化のために26回も単語が登場してしまう

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のアップデートが発表されました。

 今回は、メインブキの調整などが発表されています。

 

スプラトゥーン2、イカスフィア弱体化のため…

スプラトゥーン2、イカスフィア弱体化のため…

 「スプラトゥーン2」については、現在、モンキーボールの新作ゲームが出たのかと揶揄されることもあるぐらい、イカスフィアを使う人が多くなっています。

 イカスフィアは、最初はあまり役に立たないスペシャルウェポンであったものの、後のアップデートで大きく強化され、現在のようなモンキーボールゲーになっています。

 そして、このような状態を修正する内容が、今回発表されたアップデートに含まれています。

「スプラトゥーン2」については、現在、モンキーボールの新作ゲームが出たのかと揶揄されることもあるぐらい、イカスフィアを使う人が多く

 イカスフィアに対するアップデート内容は、このようになっていて、ざっくり言えば、ボール状態を破壊する能力を、各ブキにより大きく与えたものになっています。

イカスフィアは、最初はあまり役に立たないスペシャルウェポンであったものの、後のアップデートで大きく強化され、現在のようなモンキーボールゲー

 また、他のスペシャルウェポンでも、ボール状態を破壊する能力が強化されています。

 さらに、イカスフィアが他のイカスフィアに与えるダメージも強化されています。

 このため、今回のアップデート内容は、イカスフィア弱体化のために、26回も「イカスフィア」という単語が登場する結果になっていると話題です。

 ちなみに、このような回りくどい調整をしなくても、イカスフィア自体をもう少し弱くするなどすればいいのではないかという意見も多いです。

 ただ、強化したものを再度弱体化したくないというプライドの部分もあるのかもしれませんが、普通にもう少し壊れやすくすると、時間当たりのダメージが大きいブキに対しては、すごく弱くなるので、各ブキごとに個別に壊しやすさを設定するという調整にしたようです。

 イカスフィアは、爆発せず、ボール状になった「ダイオウイカ」でいいような感じもしますが、前作のダイオウイカは、最終的には上手くバランスが取れていたような印象もあるものの、それでもまだ反対派がいるので、今回の調整で上手くバランスがとれるかどうかが注目です。

「スプラトゥーン2」については、モンキーボールゲーの他、ナワバリだと、金モデゲーと言われることもありますが、こちらはRGの他、MGの方も巻き込まれて下方修正が入り

 なお、「スプラトゥーン2」については、モンキーボールゲーの他、ナワバリだと、金モデゲーと言われることもありますが、こちらはRGの他、MGの方も巻き込まれて下方修正が入り、使用者が減りそうな感じにもなっています。

 ただ、プロモデラーMGは、スペシャルに必要なポイントが170から160に下げられるという、上方修正の部分も実施されます。

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のイカスフィア弱体化などのアップデートは、2017年10月11日(水)午前10時に導入される予定です。

 全てのアップデート内容は、こちらへ。

コメント

  1. 匿名 より:

    ヒッセンとかジェットパックとかはマジでぶっ壊れ性能だったからともかく
    むやみに弱体化するよりはこういう調整の方が安心できるわ

  2. 匿名 より:

    弱体化よりは他を強化する方が個人的には好き

  3. 匿名 より:

    ある装備に対して全部を強化したらそれは弱体やん
    選んで三すくみ状態にしていかんと