スプラトゥーン2、マンタマリア号から見える別の船は「ちきゅう」

スプラトゥーン2、マンタマリア号から見える別の船は「ちきゅう」

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」について、1つ小ネタが紹介されています。

 これによると、マンタマリア号から見える別の船は「ちきゅう」だそうです。

 

マンタマリア号に別の船

マンタマリア号に別の船

 「スプラトゥーン2」では、「マンタマリア号」というステージが存在します。

 このステージは、港の近くに停泊する「帆船」をイメージしたものです。

「スプラトゥーン2」では、「マンタマリア号」というステージが存在します

 そして、この船の近くには、上の画像のように、いつの間にか別の船がやって来ています。

「ちきゅう」は、文部科学省所管の国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)が所有する実在の船

 この別の船は、地球深部探査船「ちきゅう」というものです。

 「ちきゅう」は、文部科学省所管の国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)が所有する実在の船です。

 研究用の船であり、富士山の標高約3個分の長さに及ぶドリルによる、大水深・大深度掘削で、地球内部の謎に迫ることが出来るそうです。

 日本近海の次世代エネルギーとして大きく期待されているものの、1のエネルギーを取り出すのに1以上のエネルギーが必要という意見もあったり、商業化には採算がとれなさすぎるのではないかという声もある、「メタンハイドレート」の試験掘削なども、この「ちきゅう」が過去に行っています。

 

マンタマリア号から見える「ちきゅう」

マンタマリア号から見える「ちきゅう」

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のマンタマリア号の近くに、「ちきゅう」が登場しているのは、「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)とコラボイベントを実施する予定になっているからです。

 リアルで実施されるコラボイベントの詳しい情報は、今後明らかにされますが、スプラトゥーン2のゲーム内では、今回のコラボを記念したフェスも実施されます。

ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のマンタマリア号の近くに、「ちきゅう」が登場しているのは、「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)とコラボイベントを実施する予定

 フェスは、「どっちにロマンを感じる? 未知の生物 vs 先進の技術」というお題で、2018年4月21日(土)15時から2018年4月22日(日)15時まで開催されます。

フェスは、「どっちにロマンを感じる? 未知の生物 vs 先進の技術」というお題で、2018年4月21日(土)15時から2018年4月22日(日)15時まで開催

 ちなみに、フェス時のマンタマリア号の夜ステージでは、「ちきゅう」がこのような状態で見えるそうです。

 この状態だと別の船がやって来ていることに気づきやすいですが、通常のステージで船が見えるようになっていたのを気付いていた人は少なかったかもしれません。

フェス時のマンタマリア号の夜ステージでは、「ちきゅう」がこのような状態で見えるそうです

この状態だと別の船がやって来ていることに気づきやすいですが、通常のステージで船が見えるようになっていたのを気付いていた人は少なかった

 実際、ツイッターアンケートでも、気づかなかったという人が多いようです。

 スプラトゥーン×JAMSTECコラボサイト