任天堂、「スティールダイバー」を基本プレイ無料で配信? 「全く新しいチャレンジをするときにFree to Playを利用する」とも

任天堂、「スティールダイバー」を基本プレイ無料で配信? 「全く新しいチャレンジをするときにFree to Playを利用する」とも

 任天堂が、「スティールダイバー」を基本プレイ無料(Free to Play)で配信するのではないかという情報があるようです。

 これは、海外メディアのIGNが記事にしているもので、これによると発売機種などの詳細は不明なものの、宮本茂氏が「スティールダイバー」を基本プレイ無料で提供するとコメントしたそうです。

 ちなみに、任天堂が基本プレイ無料のソフトを配信するということは、先日こちらでお伝えしましたが、昨日公開されたE3 2013の質疑応答で、岩田社長は、

 デジタルの形でソフトウェアが供給できるようになったことで、私たちがお客様にソフトを提供し、そこでどのようにマネタイズ(収益化)するかという方法に自由度が生まれました。
 ただし、マリオやポケモンのようなゲームをFree to Play型にしようと考えているわけではありません。なぜかと申しますと、マリオやポケモンのようなゲームは、パッケージソフトとして最初にまとまった金額を払っていただける信頼関係が、すでにお客様との間に確立できているからです。一方で、私たちが、何かまったく新しいチャレンジをするときに、お客様は「それがまだ面白いかどうかわからない」としたらどうでしょうか。お客様は、それにまとまったお金を払ってよいものかどうかわかりません。そのようなときに、過去の任天堂のプラットフォームではできなかった、さまざまな柔軟なマネタイズの仕組みがある今のプラットフォーム(ニンテンドー3DSやWii U)であれば、Free to Play型でご提案ができると思います。

・・・ということをコメントしています。

 よって、全く新しいチャレンジをするときにFree to Playを利用するということも明らかにされているので、この内容から考えると、既に発売され、内容が分かっている「スティールダイバー」を基本プレイ無料化するという情報は少し違うような感じもしますが、果たしてどうなるのでしょうか。

 なお、基本プレイ無料のゲームの詳細は、

 任天堂はこれまでずっとパッケージ型のビジネスを行ってきた会社ですが、そのようなFree to Play型のチャレンジもやってみようと考えており、今年度内には、具体的なご提案ができると思います。
 一方で、Free to Play型ソフトは、バランスを逸してしまうと、一部のお客様にものすごくお金を使っていただく結果にもなりかねず、それではお客様との良好な関係が築けませんので、お客様との関係が長続きするように、バランスの取れた、お客様から見てリーズナブルなものにしていきたいと考えています。

・・・とのことで、今年度中に明らかになり、配信されるソフトは、「リーズナブルなもの」になるということもコメントされています。

 情報元 2

 ニンテンドー3DS「スティールダイバー」(Amazon)

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    スティールダイバーって
    課金入れる場所なさそうなんだけど
    もし本当ならどういう課金にするつもりなのか

  2. 匿名 より:

    すれ違い伝説は違うのか

  3. 匿名 より:

    魚雷100発100円とかやるのかな?

  4. 匿名 より:

    体験版以上のお試し無料な感じかな
    気に入ったら買ってね、くらいか。どんどんお金つぎ込むようなことはさせないだろう

  5. 匿名 より:

    要するに新しい課金型のスティールダイバーなんでしょう
    パケ版とは異なるものなので新しいチャレンジに入るという事かと

  6. 匿名 より:

    正直、スティールダイバーよりも、すれ違い伝説4種をFree to Playにした方が…

  7. 名無しですみません より:

    すれちがいMii広場の新しい遊びも、無料部分ですれちがいの価値を知った人たちが購入してるので、
    実は広い意味ではF2Pと言えなくもないかもしれませんね。
    無料ソフト内(Mii広場)で課金して購入しているわけですし。

    F2Pのソフトも任天堂がしっかりと誠意を持って展開してくれれば、受け入れられると思います。
    まぁ、実際面白さがまだよくわからない新規タイトルに
    フルプライスのお金を払うのは、精神的ハードルが高いですからね。
    今の時代、新しいタイトルが育つには様々なアプローチが必要ということなのかもしれません。