スクエニ、「ダイブイン」のクラウドでFFシリーズなどを配信

スクエニ、「ダイブイン」のクラウドでFFシリーズなどを配信

 スクエニが、「ダイブイン」(DIVE IN)というサービスを発表しました。

 これは、クラウドを用いたストリーミングゲームサービスで、「Gクラスタ」のクラウド技術を使ったものになっています。

スクエニが、「ダイブイン」(DIVE IN)というサービスを発表しました

 サービスの利用は、Androidや、iOSで行え、それらの端末で、専用アプリ「DIVE INビューワー」をインストールし、スクウェア・エニックスのアカウントで接続してプレイします。

 プレイするためには、安定した3Mbps以上の有効帯域が必要とされており、「高画質でお楽しみ頂く場合には、安定した6Mbps以上の帯域を推奨いたします」とのことで、基本的に、携帯電話回線ではなく、家庭でのブロードバンド回線へのWi-Fi接続が推奨されています。

クラウドを用いたストリーミングゲームサービスで、「Gクラスタ」のクラウド技術を使ったものになっています

 提供されるゲームは、レンタル制になっており、3日で数百円ぐらいからの利用料金で、30分間の無料体験も可能です。

「ダイブイン」のクラウドによって、スマホでもスクエニのPS3などのゲームが遊べるようになったということになります

 サービス開始日は、2014年10月9日で、最初は「FINAL FANTASY XIII」、「ファイナルファンタジー VII インターナショナル」、「Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders」の3タイトルが提供され、その後もFFシリーズなどが配信されていく予定です。

 よって、「ダイブイン」のクラウドによって、スマホでもスクエニのPS3などのゲームが遊べるようになったということになります。

 なお、スクエニのドラクエ10も、先日、クラウド技術によって3DSで遊べるようになりましたが、Amazonレビューなどをみると、理想と現実はかなり違っていたようなので、「ダイブイン」のクラウドも実際にちゃんとプレイ出来るのかどうかは、サービス開始後の評価待ちかもしれません。

 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    2chの3DSドラゴンクエスト10スレをみると、回線が安定してる人は普通に遊べてるみたい
    一週間でもうレンダーシア上陸までしたそうだし

    クラウド鯖メンテが何度か行われてるから通信量や鯖処理の問題はあるんだろうけど、スペックや通信環境に疎い人が手を出して環境安定しなかったり、いつもの任天堂ハードゲー恒例の未プレイのレビューもあるんじゃないかなぁ…