スーパーマリオブラザーズ3のブランケットを、6.5年、800時間かけて作った人が海外で話題

スーパーマリオブラザーズ3のブランケットを、6.5年、800時間かけて作った人が海外で話題

 スーパーマリオブラザーズ3のブランケットを作った人が海外で話題になっています。

 スーパーマリオブラザーズ3は、任天堂がファミコンで発売したソフトで、スーパーマリオとしてのシリーズ第3弾です。

スーパーマリオブラザーズ3のブランケットを作った人が海外で話題になっています

 このソフトの特徴は、シリーズで初めて導入されたワールドマップであり、上の画像のようなものですが、

スーパーマリオブラザーズ3は、任天堂がファミコンで発売したソフトで、スーパーマリオとしてのシリーズ第3弾です

 このワールドマップをブランケットにした人が登場しています。

このソフトの特徴は、シリーズで初めて導入されたワールドマップであり、上の画像のようなものですが

 作成にかかった年数は6.5年で、合計800時間ほどかけて作ったとのことです。

 一気に作り上げたのではなく、趣味で徐々に作っていったので6.5年もかかったようですが、

このワールドマップをブランケットにした人が登場しています

 完成度は非常に高く、

作成にかかった年数は6.5年で、合計800時間ほどかけて作ったとのことです

 編み物系は、ドット感もよく出るので、昔のゲームのグラフィックを再現するのに非常にマッチしているかもしれません。

 情報元

 

 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これはすごいね。使って汚れるのが勿体無い

  2. 匿名 より:

    すげぇ….!

  3. 匿名希望 より:

    この方のマリオ愛はすごい!スーマリ3はやっぱり名作。

  4. 匿名 より:

    絶対醤油こぼせないやん・・・

  5. 匿名 より:

    すごいし、なんか嬉しい