スーパーマリオ オデッセイ、じゃんけん出来るという小ネタあり

スーパーマリオ オデッセイ、じゃんけん出来るという小ネタあり

 ニンテンドースイッチ「スーパーマリオ オデッセイ」の小ネタをご紹介します。

 ニンテンドードリームの開発者インタビューによると、今作には、マリオとじゃんけんが出来るという小ネタが入っているそうです。

 

ニンテンドースイッチ「スーパーマリオ オデッセイ」の小ネタをご紹介します

スーパーマリオ オデッセイ、じゃんけん出来る

 「スーパーマリオ オデッセイ」は、パワームーンというアイテムを集めることがメインの目的です。

 パワームーンは、ステージの様々な場所に隠されているので、それを見つけ、必要な数だけ集めて、次の国へと移動することになります。

 そして、このパワームーンゲット時のマリオのアクションに小ネタが入っているということが、任天堂の開発スタッフによって明らかにされています。

ニンテンドードリームの開発者インタビューによると、今作には、マリオとじゃんけんが出来るという小ネタが入っている

 「スーパーマリオ オデッセイ」では、マリオがパワームーンをゲットすると、上の画像のように、マリオが回転し、その後、パワームーンを突き上げるような動作をします。

スーパーマリオ オデッセイ、じゃんけん出来る

 その後、ゲットしたという表示と共に、ゲーム画面が停止するような演出になりますが、この画面でマリオとじゃんけんをすることが出来る仕様になっているそうです。

「スーパーマリオ オデッセイ」は、パワームーンというアイテムを集めることがメインの目的です

 画面をよく見ると、上の画像の場合は、マリオが「パー」をしています。

 このしぐさは、単にパワームーンをゲットして手を突き上げているだけではなく、そのときによって少ししぐさが異なり、マリオは、グー、チョキ、パーの3種類のどれかのアクションをするようになっているとのことです。

このパワームーンゲット時のマリオのアクションに小ネタが入っているということが、任天堂の開発スタッフによって明らかに

 例えば、チョキをしている場合は、このような感じに、

ゲットしたという表示と共に、ゲーム画面が停止するような演出になりますが、この画面でマリオとじゃんけんをすることが出来る仕様

 グーをしている場合は、このような感じになっており、そう言われると確かに手のひらのポーズが異なります。

 何となく画面下の、「砂の町を 見はらして」などの表示に目が行きがちですが、この画面には実は、じゃんけんで遊べるという小ネタが入っていたということになります。

 よって、パワームーンを取る直前に、「自分の手」を決めておき、マリオと勝負が出来るということです。

 なかなか面白い小ネタですが、気づいた人は果たしてどれぐらいいたでしょうか?

 

単にパワームーンをゲットして手を突き上げているだけではなく、そのときによって少ししぐさが異なり、マリオは、グー、チョキ、パーの3種類のどれかのアクション

地球儀とオルゴールの小ネタも

 ニンテンドースイッチ「スーパーマリオ オデッセイ」の小ネタとしては、他には、こちらは公式ツイッターでも紹介されていましたが、オデッセイ号の地球儀を踏むと、音が出るというものもあります。

 このオルゴールの曲は2種類あり、1つは「ダイナフォー」のオルゴールアレンジ曲です。

 もう1つの曲は、「Jump!Up,Super Star!」のオルゴールアレンジです。

地球儀とオルゴールの小ネタも

 この地球儀の曲は、最初の方は、滝の国「ダイナフォー」を聴くことが可能で、都市の国「ニュードンク・シティ」の次に進むと、「Jump!Up,Super Star!」が聴けるようになっています。

 このように、旅の途中で曲が変わる理由は、任天堂の開発スタッフによると、当初は、「Jump!Up,Super Star!」の曲が流れるだけにする予定だったものの、「ニュードンク・シティ」に行ける前にそれが聴けるのはおかしいということになり、後から「ダイナフォー」を追加したからだそうです。

 マリオオデッセイ攻略本 電撃 Amazon 楽天
 マリオオデッセイ攻略本 小学館 Amazon 楽天

コメント

  1. 匿名 より:

    今「へ〜」ボタン連打してます。

  2. にんてん より:

    手の形は気になってたが、それがまさかのじゃんけんが出来たとはな。考えるなぁ。

  3. 匿名 より:

    マリオがチョキの手をしているのを見た時は
    「宮本さんがマリオ64の後やめさせたというマリオのピースサインが復活?」
    と思いましたが、そういうわけではなかったのですね

  4. 匿名 より:

    雑誌読んだ人からだといつの情報だと思っとるんじゃと思われそうだけど、雑誌よりも敢えて遅く情報を出すという優しさ好き