任天堂の「社長が訊く」が更新されないのは、岩田社長の健康問題とは無関係

任天堂の「社長が訊く」が更新されないのは、岩田社長の健康問題とは無関係

 任天堂の「社長が訊く」が更新されないのは、岩田社長の健康問題とは無関係であることが、株主総会でコメントされています。

 「社長が訊く」は、任天堂の岩田社長が始めた、発売予定のゲームソフトなどについて、開発者から直接、話を聞くインタビュー企画で、これまで、任天堂の主要なソフトについては、インタビューが行われ、記事が追加されていましたが、2014年になってから全く記事が追加されていません。

 なぜ更新されないのか疑問に思っている人も多かったのですが、先日、岩田社長の健康問題が公表されてからは、これがあったため、更新出来なかったのだと納得する人が多かったのですが、宮本茂氏によると、

 「社長が訊く」の頻度が減っているのは、岩田の体調とはまったく関係ございません。これについては半年以上前から「社長が訊く」を通じてどの程度お客様に直接情報をお届けできているかについて、情報発信のあり方を検討しており、任天堂はもっと大勢の方にさまざまな方法でPRをしていくべきではないかということを考え、「社長が訊く」の露出を少し下げているのが実態です。

・・・とのことで、任天堂の「社長が訊く」が更新されないのは、岩田社長の健康問題とは無関係であることが明らかにされています。

 よって、「社長が訊く」は、任天堂による、ゲームの新しい宣伝方法の1つになっていましたが、最近はその方法を見直すために、意図的に追加していないようです。

 なお、「社長が訊く」については、ツイッターやLINEなど、ショートメッセージが全盛の時代に、かなりの長文のインタビューを読むというのは、初めからそのゲームが好きな人に限られていたのかもしれず、内容は非常に興味深いものが多かったのですが、あまり興味のない人にもそのゲームの良さを伝えるという意味では、「もっと大勢の方にさまざまな方法でPRをしていくべき」というコメントもあることから、宣伝方法として効率が悪かったのかもしれません。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    たしかにその通りだね
    自分の興味のあるゲームだとすぐ読むけど、あんまし興味のないゲームのときは「あとでいっか」ってなって、結局読まないことが多いよね

  2. 匿名 より:

    治療時間を削って更新してくれとは思わないから
    病気治るまで更新しなくていいよ

  3. 匿名 より:

    社長が時間割くのも大変だろうし
    任天堂ニュースとか作ってるから
    インタビューやりたい場合はそっちでやればいいよね

  4. 匿名 より:

    何はともあれ
    ゆっくり休んで元気な姿を見せてください
    それまでみんな待ってますよ

  5. 匿名 より:

    まぁ興味ある人しか見ないから宣伝としてはイマイチだったかもしれないけど
    持ってるゲームの制作秘話とか読めるのすごい楽しみだったのになー・・・

  6. 匿名 より:

    カービィTDXのインタビューが見たい