他社がサードパーティーのサポートに数百億円費やすようだが、任天堂はどうするの?

他社がサードパーティーのサポートに数百億円費やすようだが、任天堂はどうするの?

 「他社がサードパーティーのサポートに数百億円費やすようだが、任天堂はどうするの?」、というような質問に対して、岩田社長がコメントしています。

 岩田社長は、

 「ソフトメーカーさんとの関係をどのように考えるか」についてですが、「自社で一定のソフトラインアップを作り得る、任天堂のようなソフト開発リソースがある会社が考えること」と、「そうでない会社さんが考えること」は違って当然ではないかと思います。
 前社長の山内が最近亡くなりまして、改めて私は「山内から何を教わったか」ということをつくづく考えるのですが、「娯楽では、よそと同じことをするのが一番いかん」ということを教えてくれたのを非常に強くかみしめています。
 「他社さんが何々しているから、任天堂も何々する」という思考は、任天堂が最も避けたいと思っている思考です。
 ソフトメーカーさんとの協力関係を強化することについて、もちろん私は否定的ではありませんが、その方法論が他社さんと同じでは、結局値引き合戦であったり、お金の出し合いであったり、単純な価格競争的なアプローチになってしまい、結果的に際限なくそれが続いていくと思いますので、私たちはそこから一線を画して、その上でソフトメーカーさんと協力し合える関係をつくっていきたいと思います。

・・・ということをコメントし、お金の出し合い的な競争はしないことを明らかにしています。

 なお、「他社がサードパーティーのサポートに数百億円費やす」ということについては、機関投資家またはメディアの人がそのように質問しているだけで、これが事実かどうかは不明です。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    WiiUだからこそ出来る遊びのあるソフトを作っていかないとね

  2. 匿名 より:

    そもそも、全世界のソフトメーカー<任天堂 の販売本数の現状、任天堂が他に合わせる理由がないからなぁ
    その分「他社にお願いします」が出来なくて全部自分で解決しなくちゃいけない訳だけど

  3. 匿名 より:

    ゲームに限らないけど、闇雲にお金出しても面白い物は出来ないですからねえ
    ましてや、人から貰えて回収しなくていい資金、が元手では緊迫感が無くなるし