「とびだせ どうぶつの森」のグラフィックデータも制作した「モノリスソフト」が3DCGアーティストを募集

「とびだせ どうぶつの森」のグラフィックデータも制作した「モノリスソフト」が3DCGアーティストを募集

 「モノリスソフト」の人材募集記事が掲載されています。

 これによると、今回の募集は「京都スタジオ」勤務の3DCGアーティスト(キャラクターモデラー、モーションアニメーター、エフェクトデザイナー)です。

 モノリスソフトと言えば、ゼノサーガシリーズなどが有名ですが、任天堂の子会社になったことで、京都スタジオでは、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のグラフィックの一部開発、「とびだせどうぶつの森」のグラフィックデータの一部開発などが行われていて、オリジナルタイトルは本社の方で開発しているようです。

 なお、「モノリスソフト」の職場環境としては、「残業ゼロでクリエイティブな仕事」がポリシーであることも明らかにされています。

 人材募集記事はこちら、応募はこちら