PS3の「トルネ」のバージョンが4になり、「ナスネ」に対応

PS3の「トルネ」のバージョンが4になり、「ナスネ」に対応

 PS3のTVアプリケーション「トルネ」のシステムソフトウェアのバージョンが4になったことが発表されました。

 今回のバージョンアップは、2012年7月19日に発売予定のネットワークレコーダー&メディアストレージ「ナスネ」に対応するものになっています。

 このバージョンアップは、オンラインによるアップデートの他に、ナスネを購入し、同梱のBDROMをインストールすることでも行えるようになっています。

 発表されているアップデート内容は次のものです。

 
<「torne」ver.4.0アップデート内容>
■「ナスネ」対応
 ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」(2012年7月19日発売予定)に対応しました。
 すでに「torne」をお持ちのユーザーの皆様は、PS3専用地上デジタルチューナーと「ナスネ」を組み合わせることで、LAN経由でPS3を通じてスピーディーな操作で地上デジタル放送および衛星デジタル(BS/110度CSデジタル)放送のテレビ番組のライブ視聴や録画が行えます。

■「SETTINGS(セッテイ)」画面の変更
 「ナスネ」対応にともない、画面のデザインや設定項目などを使いやすく改善しました。

■「TV(テレビ)」画面の強化
 チャンネルパネルで最大23チャンネルを同時に表示できるようになりました。
 また、Twitterに投稿された番組へのコメントを番組視聴と同時に楽しめる、ライブ機能が強化され、ツイートされたコメントがテレビ画面下部に常時表示され、確認できる「ビューモード」が追加され手軽にツイートを確認することができるようになりました。
 さらに、任意キーワードでの検索に対応しました。

■「SEARCH(バングミケンサク)」画面の強化
 キーワードの入力履歴で、任意の履歴を最大32件までロックして保存できるようになりました。
 また、設定項目に「サブジャンル」が追加され、より細かいジャンルでの検索ができるようになりました。

■「Myチャンネル」機能の追加
 番組表やテレビ画面のチャンネルパネルなどで、選択したチャンネルだけを表示する「Myチャンネル」機能が追加されました。※5
 ※5 「レコ×トルネ」ご使用時にご利用できた「My番組表」機能は本機能に変更されました。

■ビデオ書き出し画質のさらなる向上
 「torne」ver.4.0以降で録画したテレビ番組をPlayStation Vitaに書き出す場合の画質をさらに向上させました。

■その他のアップデート
・エラー発生時などに表示されるメッセージ画面がスクロールに対応し、エラーの詳細な内容など、より多くの情報が表示されるようになりました。
・スケジュール画面で重複している予約がハイライトされて表示されるようになりました。
・トップページのメニュー画面において「torne」が接続している各機器が表示され、接続状態や使用状態などのステータスが確認できるようになりました。

 
 情報元

 ネットワークレコーダー&メディアストレージ「ナスネ」(楽天)

スポンサーリンク

シェアする