Wii Uの任天堂による2013年3月末までの販売の予想、ハードは550万台、ソフトは2400万本

Wii Uの任天堂による2013年3月末までの販売の予想、ハードは550万台、ソフトは2400万本

 Wii Uの任天堂による販売の予想が、任天堂の平成25年3月期 第2四半期決算の中で明らかにされています。

 これは、単純計算で、2013年3月末までにハード1台あたり4本以上のソフトを売る予想になっています。

 ちなみに、6年前のWiiの発売時の初年度実績は、ハード584万台、ソフト2884万本でした。
 なお、ソフトの実績については、ハードに同梱されたソフトを含んでおり、予測にはハードに同梱されるソフトは含んでいないデータになっています。

 情報元 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 名無しですみません より:

    実績部分はハード同梱ソフトの数量を含み、予想部分にはハード同梱ソフトの数量を含まない、
    というのは以前からそうなので、その部分に関してはWiiの時と変わっていないと思いますよ。

    3DSの下方修正ばかりがニュースサイトで伝えられるのですが、
    WiiとWii Uの合計ソフト販売予想が上方修正されているんですよね。
    主にWii Uソフトの上方修正だと思いますが、ちょっと重たい気もします。
    でも、上方修正するだけの好材料があるということでしょう。
    ここはCoD:BO2が海外でどう推移していくかにかかってるのかも、と思ったり。

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    Wiiのときのデータが公表されていたので、最後の段落はそれに変更して修正しました!