「社長が訊く『Wii U』本体篇」、基板、CPU+GPUのMCMの採用、ルネサス、IBM、AMDの技術など

「社長が訊く『Wii U』本体篇」、基板、CPU+GPUのMCMの採用、ルネサス、IBM、AMDの技術など

 任天堂のサイトに、「社長が訊く『Wii U』本体篇」のインタビュー記事が掲載されました。

任天堂のサイトに、「社長が訊く『Wii U』本体篇」のインタビュー記事が掲載

 今回は、Wii Uのハードの技術的な話が中心で、基板やCPU、GPUのチップなども公開されています。

Wii Uのハードの技術的な話が中心で、基板やCPU、GPUのチップなども公開

 Wii UのCPUとGPUは、通常はそれぞれ別々に搭載されるものを、MCMの技術を採用し、1つのチップにしたものになっており、これにより、消費電力の低下や、コストの低下などが行われています。

 そして、CPUやGPUなどには、ルネサス、IBM、AMDの技術が採用されていることも明らかにされています。

Wii UのCPUとGPUは、通常はそれぞれ別々に搭載されるものを、MCMの技術を採用し、1つのチップにしたもの

 また、Wii Uのファンやヒートシンクの画像も公開されていて、

CPUやGPUなどには、ルネサス、IBM、AMDの技術が採用されていることも明らかに

Wii Uのファンやヒートシンクの画像

 これらは、Wiiよりも一回りほど大きくなっており、

試作した透明のWii U本体で、吸気から排気の流れなども紹介

 試作した透明のWii U本体で、吸気から排気の流れなども紹介されています。

 なお、Wii Uの本体スペックの具体的な数字などは、これまでと同じように公開されていませんが、スペックについては、岩田社長が

 どんなに大きな数字を誇っても、特定の条件でしか引き出せない性能なのか、それとも実際に使ったときに安定して引き出せる性能なのか。それは後者でなければ意味がない、という考え方は、これまでの任天堂のハードやシステムづくりの根っこにあったことですから。

ということなどもコメントしています。

 社長が訊く『Wii U』本体篇

 Wii U 予約 : Amazon  楽天1  楽天2

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    透明の本体いいなー
    発売されないかな??