Wii Uのコントローラー「Wii U GamePad」の情報が公開される

 Wii Uのコントローラー「Wii U GamePad」の情報が公開されました。

 この「ゲームパッド」という名前は、任天堂が1985年にアメリカでNES(ファミコン)を発売した時に、それまでの家庭用ゲーム機がジョイスティックを採用していたのに対して、NESが初めて十字キーを採用していたことから、自然とNESのコントローラーが「GamePad」と呼ばれていたことに由来するものです。

 また、Wii Uのコントローラーは、ゲームのためにデザインされたものであること、見た目がパッド状であることの両方を表すことにちょうど良い名前だということで「Wii U GamePad」という名前が採用されたそうです。

 コントローラーの形状などは、去年発表されたものから

 少し変更されています。

 これは、以前に、ゲームメモの「Wii Uのコントローラーの新デザイン版の画像がリークされる?」の記事でご紹介したコントローラーとほぼ同じで、

 スライドパッドは、アナログスティックに変更され、ボタンなどの配置も変更されています。

 ちなみに、アナログスティックは、これもゲームメモの「Wii Uのコントローラーのスライドパッドは、押し込み可能なタイプで、R3、L3ボタンも搭載?」の記事でお伝えしましたが、押し込み可能なものになっています。

 よって、ハッキリとコメントされていませんが、押し込むことで有効となるR3、L3的なボタンも追加されているということになっています。

 また、「Wii U GamePad」の背面も少し改善されており、こちらは、「Wii Uのコントローラーは、背面のZL/ZRボタン部分も改良されている?」の記事でご紹介した内容から外していますが、後ろに盛り上がりが作られ、握りやすくなったようです。

 そして、リーク画像でも明らかになっていた、NFCリーダー/ライターのセンサーが新たに加わり、

 リーク画像では謎だったものは、「TVコントロール」というボタンであることが明らかになっています。

 「TVコントロール」というボタンは、このWii Uのゲームパッドでテレビを操作するボタンで、これを押して表示される画面でテレビの電源を入れたり、チャンネルを変えたり出来るようです。

 よって、マルチに使える学習リモコンなのかどうかはまだ不明ですが、先日「Wii Uは、学習リモコンの機能もある?」の記事でお伝えした機能も導入されています。

 「Wii U GamePad」については、他にも、去年から明らかにされている、モーションセンサーやジャイロセンサーの機能などが搭載されていることも紹介されています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. いいね より:

    なかなかいい感じ
    あとは実際に触ってみたいね

  2. きろ より:

    テレビボタン以外、前の画像そのままだったのかなー
    っていうかテレビボタンサードにも隠してた?!

  3. 匿名 より:

    昨年よりもかっこよくなったしボタンも増えてるな。
    TVコントロール地味にすげえと思った。