Wii Uは、Wiiのように革新的な製品ではない、ソフトの展開が不透明などについて、任天堂がコメント

Wii Uは、Wiiのように革新的な製品ではない、ソフトの展開が不透明などについて、任天堂がコメント

 任天堂やWii Uに対する懸念として、Wii Uは、Wiiのように革新的な製品ではない、Wii Uのソフトの展開が不透明ということなどについて、任天堂の岩田社長がコメントしています。

 まず、「Wii Uは、Wiiのように革新的な製品ではない」という意見については、次のようにコメントしています。

 
 先日E3に行ったときに海外のマスコミの記者の方から取材を受けたときにも、「Wiiのときは一目見て成功を確信したけれども、Wii Uはそうじゃないね」というご指摘がありました。
 ところが、みなさん忘れておられるんですね。発売前において発表直後のWiiは、実は今のWii Uと同じような反響だったんです。
 具体的に言いますと、新しいものが出てくると、最初は理解してもらえないところから始まるんです。
 たくさんの誤解や、「こんなものが本当に普及するのか」というネガティブな部分が先に出て、後から実感とともに変わっていくんですね。
 事実、私は2006年にWiiをE3で発表し、そしてそのときに大変好評だったと報道はしてもらえましたが、一方で、そのときにマスコミの記者のみなさんから受けた質問は、全部非常に厳しい質問ばかりで、「こんな機械で本当にソニーさんやマイクロソフトさんと戦っていけるのか」と、ほぼ全員に質問されました。でも、みんな忘れてしまわれるわけですよ。
 そして、いわゆる後知恵バイアスみたいなものですが、結果を見た後で、「私は最初から成功を確信していた」と言ってしまうんですね。
 今任天堂は、すごく大きなビジネスになったWiiの残像と戦わなければなりません。
 もちろんWii U発売までにこれと競争して、乗り越えていくのがわれわれの使命なんですけれども、そういう側面もあるということは、どうかご理解ください。

 
 よって、任天堂としては、Wiiのときも同じような反応だったので、この点はあまり心配していないようです。

 ただ、Wiiは大成功したものの、ゲーマー層の獲得に関しては成功したとは言えないので、Wii Uの成功は、Wiiのときと同じような大成功に加えて、ゲーマー層の獲得も期待されていることから、任天堂がWiiと同じだとしてあまり心配していないように思える点は、少し不安が残るかもしれません。

 そして、「Wii Uのソフトの展開が不透明」という意見については、岩田社長が次のようにコメントしています。

 
 今後のソフトの展開が不透明であるというポイントもございます。
 これは、E3の発表では、海外市場向けのソフトが目立って、また発売時と発売近辺のソフトラインアップしかお知らせしていないので、「じゃあ来年何が遊べるのか」ということをまだ全然お知らせできていないんですが、これは、われわれは秋にしっかりとコミュニケーションをして、発売日と価格を発表し、お客様にそのときに「買いだ」と言っていただくことで勢いをつけていこうと考えていますが、このことについても(現時点では)懸念がございます。
 ですから、今日ご説明したようないろんな懸念の結果、今の株価が形成されているんですが、まず足下では、今年の7月、8月と、「ニンテンドー3DS LLが発売されて、新しいソフトが出て、世界での3DSビジネスの勢いをどう変えられるのか」、ここが一番のポイントでして、次に任天堂がWii Uを発売するときには「未来はこうなりますよ」ということを、また次のステップの将来像を発表して、そういう形で市場のご評価を変えていきたいと思っています。

 
 よって、Wii Uのソフトラインアップについては、今年の秋に値段や発売日が発表される頃に、その他のWii Uソフトの情報も出て来るようなので、それに期待するという感じになっています。

 
 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    wiiuの成功を心から願う

  2. U より:

    Wiiuマジで期待してます。がんばれー!!

  3. 炬燵 より:

    ファミリー向けゲームに偏らないことを願う。

  4. 匿名係 より:

    今年の年末は熱くなるな

  5. 匿名 より:

    やっぱり任天堂機は残ってほしいな

  6. ヤッホー より:

    Wii Uがもし大成功したら
    マスコミとかは最初から成功を確信していましたって言いそう

  7. u より:

    wii u 過去の任天堂ハードの最高傑作の匂いがする