Wii Uの「2画面ある遊び」は、Wiiザッパーを使って実験を開始、両面テープでリモコンとただのモニターをくっつけた試作品も

Wii Uの「2画面ある遊び」は、Wiiザッパーを使って実験を開始、両面テープでリモコンとただのモニターをくっつけた試作品も

 Wii Uの「2画面ある遊び」は、Wiiザッパーを使って実験していたことが、「社長が訊く『Wii U』 Nintendo Land 篇」のインタビュー記事で紹介されています。

 任天堂では、「Wii Uがどんなゲーム機になるのか?」という話とはまったく別に、「手元の小さな画面と テレビ画面の両方を使った遊び」について、チームでいろいろな実験をしていたそうで、上の画像のようなWiiザッパーを使ったものが、「2画面ある遊び」としてスタートした初の試作品だったそうです。

Wii Uの「2画面ある遊び」は、Wiiザッパーを使って実験していたことが、「社長が訊く『Wii U』 Nintendo Land 篇」のインタビュー記事で紹介

 そして、その次に、Wii U GamePadの構想のため、あり合わせのものでつくった試作品の第2弾が上の画像のようなもので、両面テープでリモコンとただのモニターをくっつけただけのものだったようです。

 「社長が訊く『Wii U』 Nintendo Land 篇」では、「ニンテンドーランド」は、このようなWii Uのハード開発と同時並行的に開発されていたソフトで、開発期間が相当長いものであることなどが紹介されています。

 社長が訊く『Wii U』 Nintendo Land 篇

 ニンテンドーランド(Amazon)

スポンサーリンク

シェアする