任天堂がWii U発売において使う「ローンチウインドウ」とは?

任天堂がWii U発売において使う「ローンチウインドウ」とは?

 アメリカ任天堂の社長Reggie Fils-Aime氏が、Wii Uの「ローンチウインドウ」についてコメントしています。

 これによると、Wii Uの「ローンチウインドウ」で発売されるソフトには、まだ発表されていない任天堂製のソフトもあるとのことです。

 ちなみに、任天堂がWii U発売において使う「ローンチウインドウ」とは、「ロンチ」や「ローンチ」と呼ばれるハード発売と同時期とは別の意味になっていて、2013年3月末までのことを指します。

 つまり、「ローンチ」よりも長い期間を、任天堂は「ローンチウインドウ」と呼んでいて、Wii Uの場合、2013年3月末までに、まだ発表されていないソフトも発売される計画になっているということです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. サムス より:

    F-zeroとかスターフォックス出ないかな・・・

  2. ルイージマンション2 より:

    ピクミン3でしょ。

  3. 匿名 より:

    ピクミン3春発売って言ってたけどロンチウィンドウかな?

  4. 名無しですみません より:

    北米ではピクミン3がローンチウィンドウに発売されると既に発表されているので、別の作品みたいですね。
    任天堂以外では一部のDLタイトルも、ローンチウィンドウに発売される作品として紹介されているので、
    未発表作品はDLタイトルという可能性もありますね。

  5.   より:

    ちょっと誤解を招く言葉だなぁ
    ただ、3DSの時も発売からしばらくはゲームと途切れさせないスケジュール管理を行うと言っており
    ある意味、ハード立ち上げ期における任天堂の基本戦略ではあるんでしょうね
    3DSは震災の影響であえなく粉砕されたスケジュールでしたが、今度はどうなるか

  6. 匿名 より:

    ピクミン3もう発表されてるからまだ他にあるってことだよ!