任天堂、WiiU事実上の撤退で、3DSもピークアウト、営業利益だけが前期よりも1.5倍は信憑性が低いのでは?

任天堂、WiiU事実上の撤退で、3DSもピークアウト、営業利益だけが前期よりも1.5倍は信憑性が低いのでは?

 任天堂の株主総会で、WiiU事実上の撤退で、3DSもピークアウト、営業利益だけが前期よりも1.5倍は信憑性が低いのでは?という質問が行われています。

 これについて、君島社長は、まず3DSについて、

 ハードの全世界累計販売台数が既に5800万台を超えていますので、今後、発売を予定しているソフトタイトルをお届けできれば、ニンテンドー3DSのビジネスで十分に収益を上げられると考えています。
 特に『ポケットモンスター サン・ムーン』の発売を2016年11月に予定しており、大きく収益貢献してくれると考えています。

ということをコメントしています。

任天堂の株主総会で、WiiU事実上の撤退で、3DSもピークアウト、営業利益だけが前期よりも1.5倍は信憑性が低いのでは?という質問が行われています

 また、WiiUについては、

 WiiUは今期のハード出荷予定台数を80万台と発表していますが、一方で今期の売上高全体の予想額は前期とほぼ横ばいの5000億円としました。
 現段階で具体的な販売台数そのものについてはお話しできませんが、NXがWii Uの販売台数の減少をカバーできるような計画を立てており、また、NXのソフトも売上や収益に貢献します。

ということをコメントしています。

 よって、3DSはポケモンの売り上げに期待しており、WiiUはNXの発売でカバーするという計画にしているそうです。

 ちなみに、この質問者は「年末年始あたりで大幅な下方修正やNXの発売延期が出るのではないかという予感」があるともコメントしているのですが、これについての回答は特にありません。

 NXの発売が2017年3月に予定通りに行われるかどうかについては、この質問者のように懐疑的な見方をしている人も多いと思われますが、今回の君島社長のコメントを逆に言えば、NXが予定通りに出ないと計画が達成できない感じになるので、任天堂は何としても年度内にNXを出すつもりなのかもしれません。

 なお、任天堂の今年度の業績については、その他、スマホゲームで収益アップを見込んでいたり、ヨーロッパ情勢でマイナスの影響を受ける可能性などもあるそうです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    よっぽどな自身があるんだろうな
    全く新しいってどれくらい新しいんだろうか検討がつかない

  2. 匿名 より:

    とりあえず据置なのは確定なのかな

  3. 匿名 より:

    情報漏れを徹底しているので影も形もないNX。どうなるのか全く予想出来ませんね
    今年は夏位にはもうNXの詳細が出ていて盛り上がっているんだろうと1月位にはそう思ってましたがさてさて今年の秋はどうなるんでしょうね

  4. 匿名 より:

    WiiUが事実上撤退してるという指摘に微塵も反論してないのが悲しいわ
    任天堂もWiiUは終わったハードだと思ってるのか

  5. 匿名 より:

    今年は耐える年だと思う

  6. 匿名 より:

    この質問したの、あのピョコタンなんだってね。

  7. 匿名 より:

    前向きに考えたら本当はもっと早く出せるけど余裕を持たせるために3月にしたのかもしれない
    準備が出来てないなら延期してもいいけどね

  8. 匿名 より:

    面白いゲームも沢山あったし
    ヴァーチャルコンソールで過去のゲームでなかなかできなかった物も遊べてかなり好きなんたけどな…
    特にGBAは嬉しかった