「The Wonderful 101」の隠しキャラ「ベヨネッタ」「神谷英樹」、ストーリーは中二脳、元企画はスマブラみたいなオールスターゲーム

「The Wonderful 101」の隠しキャラ「ベヨネッタ」「神谷英樹」、ストーリーは中二脳、元企画はスマブラみたいなオールスターゲーム

 任天堂のサイトで、「社長が訊く『The Wonderful 101』 開発スタッフ篇」のインタビュー記事が公開されました、

 今回は、任天堂のスタッフとプラチナゲームズのスタッフとのインタビュー記事になっています。

 インタビューでは、今作の隠しキャラとして、このゲームを開発した神谷英樹氏を模したキャラクター(ワンダ・ディレクター)が登場することが明らかにされています。

 また、具体名はコメントされていないのですが、

 キャラクターといえば、“あの作品”とのコラボレーション
 “あのキャラクター”が『101』の世界に合わせて、デフォルメされたデザインで登場します
 オリジナルと同じように銃で戦うし、トレードマークのアレもちゃんとマスクに変わってるんですよ
 オリジナル版のモーションをつくった同じスタッフが、担当しているんです

・・・ということで、「ベヨネッタ」が隠しキャラにいることが明らかになっています。

 そして、「The Wonderful 101」のストーリーについては、神谷英樹氏が担当し、

 今回はヒーローものなので、僕の中二脳(※19)をフル回転させて、とにかく燃えるストーリーをつくりました。どのゲームよりも熱くなれると思います。そこは遊んでみてのお楽しみ、ということで。
 ※19 中二脳=ここでは、“中二病”にかかった思考を意味する。中二病とは、中学2年生頃の思春期に見られる背伸びしがちな言動や、アニメやコミックなどで起こる非現実的な妄想をすること。

・・・ということがコメント、解説されています。

 なお、「The Wonderful 101」は、

 神谷:
 これはですね、最初うちの三並(※2)から「任天堂のキャラクターを中心に、世界的に有名なキャラクターが一堂に会する企画を考えてくれ」という、オーダーがあったんです。
 ※2 三並=三並達也さん。プラチナゲームズ株式会社代表取締役社長。

・・・ということで、元企画はスマブラみたいなオールスターゲームであったことも明らかにされています。

 ただ、これは、おそらく権利関係の問題などで、企画が出された段階で実現出来ないということになり、今回のインタビューでも、具体的にどのようなキャラクターを使いたかったのかなどは語られていません。

 社長が訊く『The Wonderful 101』 開発スタッフ篇

 The Wonderful 101(Amazon)

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    アメコミヒーロー大集合とかやりたかったんだろうな
    まあそりゃ無理だわw

  2. 匿名 より:

    稲葉さん胃に穴あきそうな役職だな

  3. 匿名 より:

    中二病の解説ワロタw
    でも、ヒーロー=中二っていう発想はどうかなぁ…
    戦隊かライダーで言ったらライダー的なノリを期待してくれってことか?

  4. 匿名 より:

    ライダー的なノリを、現実でごっこ遊びとしてやっちゃう(やりたくなってしまう)ノリを期待してくれ
    って事でしょ

  5. 匿名 より:

    中二病って言葉が嫌い・・・。
    任天堂も使うようになったのか?