新型の「Xbox 360 E」を分解、「Xbox 360 S」との違いはあまりなく、部品もほぼ同じ

新型の「Xbox 360 E」を分解、部品はほぼ同じ

 「Xbox 360 E」とも呼ばれている新型のXbox 360の分解記事が公開されています。

「Xbox 360 E」とも呼ばれている新型のXbox 360の分解記事が公開

 これは、E3 2013で発表され、その当日から米国などで入手可能になっている本体です。

E3 2013で発表され、その当日から米国などで入手可能になっている本体

 分解は、毎回ハードの分解記事を載せている「ifixit」によって行われていて、分解の過程が写真で紹介されています。

「ifixit」によって行われていて、分解の過程が写真で紹介

 分解した結果は、使われている部品は旧Xbox 360(Xbox 360 S)とほぼ同じというもので、ユーザーにはあまり関係のないところですが、修理のしやすさがかなり向上したモデルになっているそうです。
 また、「Xbox 360 E」は、アナログ出力が削除され、USB端子が1つ減るなどしているようです。

 よって、 「Xbox 360 E」は、「Xbox 360 S」との違いはあまりなく、コスト削減モデルというような感じになっています。

 なお、本体サイズはこれまでのものとそれほど変わらないようですが、「Xbox 360 E」はディスク周りの騒音が少し改善しているようです。

 分解記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする