Xbox 360の次世代機は2013年の年末商戦に投入、ソニーはプレイステーションの更新を準備と報道される

Xbox 360の次世代機は2013年の年末商戦に投入、ソニーはPSの更新を準備と報道される

 Xbox 360の次世代機は、2013年の年末商戦に投入されると報道されています。

 これは、bloombergが伝えているもので、記事によれば、マイクロソフトの計画に詳しい複数の関係者が、匿名を条件に語ったとのことです。

 そして、Xbox 360の次世代機は、来年の感謝祭とクリスマスという、年末商戦に向けて発売する予定にしているとのことです。

 ただ、Xbox 360の次世代機の発表は、E3にするか、別のイベントにするかはまだ決められていないそうです。

 ちなみに、記事は、「新型Xbox」という書き方になっていますが、「マイクロソフトは任天堂に1年遅れで新型機を発売するまでの間、Xboxの現行モデルを売り切ることになる」というような内容になっているので、単なるサイズ違いのような新型のXbox 360ではなく、Xbox 720などと予想されている、ハードウェアが一新されたXbox 360の次世代機の話だと思われます。

 なお、記事では、これも次世代機のことだと思われますが、「ソニーも『プレイステーション』の更新を準備している」ということが明らかにされています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 作者不詳 より:

    PS3なんかはまだまだ現役だけど、メモリが少ないのが厳しいから、
    これから徐々に次世代機の話も増えてくるかなぁ。
    ハイスペックPCが次から次へと出てくるので、ゲームハードも
    進化が難しいだろう。