妖怪ウォッチ、最近のデザインが気持ち悪いのはスナックワールド誘導説

妖怪ウォッチ、最近のデザインが気持ち悪いのはスナックワールド誘導説

 妖怪ウォッチについて、バンダイナムコの株主総会で話題が出ています。

 今回の話題は、妖怪ウォッチの最近のデザインが気持ち悪いのは、スナックワールド誘導ではないかとするものです。

 

妖怪ウォッチの最近のデザインが気持ち悪いのはスナックワールド誘導ではないかとするものです

妖怪ウォッチ、スナックワールド誘導説が登場

 妖怪ウォッチについては、先日、2017年の年末に公開される映画のデザインが変わって、ホラーな感じになっていることをご紹介しました。

 ジバニャンやコマさんといった妖怪は全て、「ライトサイド」と「シャドウサイド」という2つのモードの新デザインが用意され、どちらも今よりもリアルな描写になり、ホラー感が出ています。

妖怪ウォッチ、スナックワールド誘導説が登場

 また、映画だけではなく、妖怪ウォッチでは「黒い」シリーズとして、最近は、このような怖い感じのデザインで商品展開も行われていました。

映画だけではなく、妖怪ウォッチでは「黒い」シリーズとして、最近は、このような怖い感じのデザインで商品展開

 ただ、やはりキッズ受けは悪いようで、あんなに可愛かったジバニャンやコマさんたちも、黒いバージョンのデザインでは、あまり人気がないキャラになっています。

 そして、このように、最近はなぜか従来の可愛い感じのデザインが放棄され、怖い、キモい、グロい感じのデザインでも展開されている妖怪ウォッチについて、バンダイナムコの株主総会で、質問が出ています。

質問は、最近の妖怪ウォッチのデザインが気持ち悪いのは、スナックワールドに誘導するためではないかというもの

 質問は、最近の妖怪ウォッチのデザインが気持ち悪いのは、スナックワールドに誘導するためではないかというものです。

 妖怪ウォッチのスナックワールド誘導説は、どちらも同じレベルファイブの作品であるということから出て来ています。

 ただ、妖怪ウォッチは、おもちゃをバンダイナムコが担当しているものの、スナックワールドは、おもちゃをタカラトミーが担当しているため、妖怪ウォッチとスナックワールドは、ある意味ライバル関係にもなっています。

 このため、バンダイナムコの株主としては、レベルファイブは、ライバル会社を優遇する政策をしているのではないかという疑いを持っている人もいたということになっています。

 このスナックワールド誘導説についてのバンダイナムコの回答は、そのようなことはないというものです。

 レベルファイブとしても、儲かるコンテンツをわざわざ意図的に潰す意味はないので、「3秒くらい考えれば分かる」的なところはありますが、こんなに妖怪たちのデザインを変えて来る意図もよく分からないので、質問したい気持ちも理解できるかもしれません。

 ちなみに、レベルファイブの日野社長は、過去のインタビューで、コンテンツを長期維持することには元々興味がないというようなこともコメントしています。

 それよりも常に挑戦を続けるのがレベルファイブであり、この姿勢があるからこそ、妖怪ウォッチも含めて次々とヒット作を作り出せているという部分もあると思われます。

 よって、気持ち悪いデザインにしたのは不評でしたが、それはある意味、結果論でもあり、安易に現状を維持せず、常に大胆に挑戦をしていく姿勢はかなり評価していくべきで、これこそがレベルファイブ魂なのだと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ぱっと見今までよりも親子受けするとは思えんデザインだし可能性としちゃあり得るだろうけどその肝心のスナックもどうかと言われると…

  2. AKR より:

    ただ迷走しているだけかと

  3. 匿名 より:

    バンナムが絡むとブームが終わる

  4. 匿名 より:

    このデザインなら鬼太郎とコラボしても文句言われなさそう

  5. 匿名 より:

    妖怪ウォッチには見切りを付け始めていて、玉砕覚悟であえて挑戦的なことをすることで、スナックワールドとか次世代フランチャイズの展開に生かせるデータを集めるためとか…笑

  6. 匿名 より:

    イナイレもそうだけど,続編で世界観広げるだけでキャラの掘り下げもなく同じストーリー繰り返してるだけで,売れなくなるまでゲームの表面を挿げ替えて,せっかくのコンテンツを無駄に消費しているような印象があるんだよな
    ポケモンを越えるとかほざいてた妖怪ウォッチですらこれだから,そういう体質の会社なんだな

  7. 匿名 より:

    ヴィルガスト懐かし過ぎて吐きそう