「妖怪ウォッチ」の映画の第2弾、「スター・ウォーズ」を上回り動員1位に。興収50億円の突破が確実

「妖怪ウォッチ」の映画、「スター・ウォーズ」を上回り動員1位に。興収50億円の突破が確実

 映画「妖怪ウォッチ」の第2弾の動員が明らかになっています。

 これによると、2015年12月19日、20日の全国映画動員ランキングは、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が初登場で1位を獲得し、同じく週末に公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を上回り、この週の動員1位を獲得しています。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が初登場で1位を獲得し、同じく週末に公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を上回り、この週の動員1位を獲得

 ちなみに、東宝によると、映画「妖怪ウォッチ」第2弾の興収50億円の突破は確実となっており、60億円突破も見据えた大ヒットスタートになっているそうです。

 前作の映画第1弾の興収は約78億円だったので、少し下がる見込みのようですが、50億円の突破でもかなりの大ヒット、60億円を突破したらまだまだ記録的なヒットが続いているということになるでしょう。

 映画の第3弾の制作も早くも決定しており、ゲーム本編の完全新作の発売も予定されていることから、2016年も妖怪ウォッチの大活躍はまだまだ続くと思われます。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする