妖怪ウォッチ、ヨーロッパやアフリカなど100以上の地域に世界進出。アニメ、漫画、おもちゃ、ゲームなどを展開

妖怪ウォッチ、ヨーロッパやアフリカなど100以上の地域に世界進出。アニメ、漫画、おもちゃ、ゲームなどを展開

 妖怪ウォッチの世界進出の情報が少し明らかになっています。

 妖怪ウォッチは、2015年からアメリカで展開が始まっていますが、今後、2016年の春ごろから順次、ヨーロッパやアフリカなど100以上の地域に本格的に進出するそうです。

妖怪ウォッチは、2015年からアメリカで展開が始まっていますが、今後、2016年の春ごろから順次、ヨーロッパやアフリカなど100以上の地域に本格的に進出

 これらの地域では、日本やアメリカなどと同様に、アニメの放送を軸に、漫画の出版、メダルやウォッチなどのおもちゃの発売、ゲームのリリースなど、地域によって少し展開は異なるものの、メディアミックスの形で展開される予定となっています。

 妖怪ウォッチがアメリカでどの程度成功しているのかは今のところ謎ですが、以前に世界展開が試みられたレベルファイブのイナズマイレブンはヨーロッパで人気が高かったりと、海外と一言で言っても、地域によってはアメリカと異なる動向になるところもあるので、妖怪ウォッチもどこかで日本と同じような流行が発生するところが出るかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    海外じゃ無理だろ・・・
    こんなとこに金使うなら他のゲーム作れよ
    多少ゲーム売れても、おもちゃやら漫画やら無理だろ

  2. 匿名 より:

    妖怪ウォッチはアジアに受けそうな気がする
    ドラえもんとかは中国は人気だけど米国はそんなに人気ではない感じだし

  3. 匿名 より:

    妖怪キャラが世界でどれくらい通用するかね
    大ヒット総スカンどっちもありそうで全く読めないわ