ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、実験の2D版をプレイ可能にする海外ファン

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、実験の2D版をプレイ可能にする海外ファン

 WiiU、SW「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」について、海外ファンがファミコンライクな2Dバージョンを作っています。

 今回の作品は、初代のゼルダのような見下ろしタイプのゲームとして開発されています。

 

WiiU、SW「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」について、海外ファンがファミコンライクな2Dバージョン

実験の2D版をプレイ可能にする海外ファン

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の今回の海外ファン作品は、以前にGDCのイベントなどで公開されていた、実験用の2D版をモチーフにし、遊べるようにしたものです。

 以前に行われた、GDCの開発者講演やインタビューなどでは、上の画像のような、2Dバージョンの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が作られていたことが明らかにされています。

 この2Dバージョンは、開発の初期に、任天堂の開発スタッフが社内用として作っていたものです。

 任天堂では、この2Dゼルダを使用して、今作の物理エンジンなどを使った「遊び」の部分のイメージを具体化、共有する作業が行われていました。

 これはこれで別の作品としてゲーム化して欲しいなどという声もありましたが、今回、海外ファンが、その夢を叶えるようなプロジェクトを発足させています。

実験の2D版をプレイ可能にする海外ファン

 それが上の画像のような作品です。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の今回の海外ファン作品は、以前にGDCのイベントなどで公開されていた、実験用の2D版

 今回のファンメイド作品は、「ブレス オブ ザ ワイルド」のゲーム内容を完全に再現するというものではないようですが、ゲーム内の昼夜の移り変わりもあり、初代では出来なかった敵の倒し方なども出来るようになっています。

木からリンゴを入手したり、丸太にしたり、武器を簡単に使い分けたりするなど、物理エンジンによる遊びも含めて、「ブレス オブ ザ ワイルド」っぽい

 また、木からリンゴを入手したり、丸太にしたり、武器を簡単に使い分けたりするなど、物理エンジンによる遊びも含めて、「ブレス オブ ザ ワイルド」っぽいものを色々と再現しています。

 実際にプレイしている様子は、上の動画で見ることが出来ます。

このファンメイド作品は、Windows用のPCゲームとして、「Breath of the NES」のタイトルで、遊べるデモバージョンの配布

 なお、このファンメイド作品は、Windows用のPCゲームとして、「Breath of the NES」のタイトルで、実際に遊べるデモバージョンの配布も行われています。

 別にお勧めはしませんが、どうしても興味があれば、プロジェクトのオフィシャルサイトからダウンロードしてみてもいいかもしれません。

 Breath of the NES プロジェクト

コメント

  1. 匿名 より:

    どうせまた任天堂に怒られて公開停止オチ

  2. 匿名 より:

    怒られたらタイトル変えて配信する言ってるし
    要するにただの売名行為

  3. 匿名 より:

    本気で2Dゼルダっぽいゲームを自分で作りたいなら最初から違うタイトルで出す。
    わざわざ、ゼルダの名前をパクってるのは単なる売名。怒られるというか当然の権利として潰さないとダメだろ

  4. 匿名 より:

    いや、パクリじゃないだろう、最初からブレスを2Dで再現しようって試みで始まってるんだし。
    実際遊べるようにしないで、こんなふうに作りました~みたいなPVだけならなぁ
    どちらも権利侵害ではあるけど。

  5. 匿名 より:

    凄いけど、まぁ潰されるだろうな。