ファイナルファンタジー7 リメイク、ティファの胸は小さくなっていない説

ファイナルファンタジー7 リメイク、ティファの胸は小さくなっていない説

 スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー7 リメイク」について、野村哲也氏がファミ通でコメントしています。

 今回は、ティファの胸について少しコメントされています。

 

FF7リメイク、ティファの胸

FF7リメイク、ティファの胸

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」は、プレイステーション1で発売されたゲームを、プレイステーション4向けにリメイクした作品です。

 今作は、完全新作ではなく、リメイク作品なので、基本的な登場人物はPS1版と同じです。

 ただ、リメイク先のゲームハードが大きく進化していることもあり、その登場人物のグラフィックは大きく変わっています。

 そして、大きくデザインが変わったキャラとして、「ティファ」が話題になっています。

ティファは、顔のデザインについては特に不満は出ていないものの、その胸がオリジナル版よりも小さくなっているとして、一部で不満

 ティファは、顔のデザインについては特に不満は出ていないものの、その胸がオリジナル版よりも小さくなっているとして、一部で不満が出ています。

 今回、この点について、スクウェア・エニックスの野村哲也氏がコメントしています。

 

「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸は、E3 2019で公開された映像などを見ると、確かに、見た目は以前よりも

小さくなっていない説

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸は、E3 2019で公開された映像などを見ると、確かに、見た目は以前よりも小さくなっています。

 これについて、野村哲也氏は、まず、今作のティファは、腹筋を割りたかったので、アスリートのスタイルに寄せたデザインにしたとコメントしています。

 また、スクウェア・エニックスの社内の倫理部からの指示もあり、激しいアクションでも不自然にならないようにするため胸部を絞める必要があったと明らかにしています。

 今回の野村哲也氏のコメントは、「スクエニの社内の倫理部が出て来て、ティファの胸を小さくされた」とも拡散されていますが、よく読むと、小さくされたわけではないと考えることも出来ます。

 

スクウェア・エニックスの社内の倫理部からの指示もあり、激しいアクションでも不自然にならないようにするため胸部を絞める必要

絞めただけ

 スクウェア・エニックスの野村哲也氏は、「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸について、一言も「小さくした」とはコメントしていません。

 野村哲也氏がコメントしているのは、あくまでも「絞める必要」があって、そのようにしたというだけです。

 つまり、スポーティーな服装で胸部を「絞めている」だけであり、胸の大きさそのものは何も変わっていないかもしれないということです。

 実際、野村哲也氏は、今回の話を服装の話と一緒に行っており、「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のティファは、黒のアンダーウェアと体にフィットするタンクトップを着用していて、これで胸部を絞めたようなデザインにしたというようなことを強調しています。

 よって、「表示上」は同じかもしれないものの、「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸は、何も小さくなっていない可能性も高いということです。

 

スクウェア・エニックスの野村哲也氏は、「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸について、一言も「小さくした」

ディシディアFFバージョン

 「ファイナルファンタジー7」のティファは、「ディシディア ファイナルファンタジー」のアーケード版とNT版に参戦することも発表されています。

 こちらのティファは、黒のアンダーウェアを着用しておらず、「絞めて」いない状態です。

 このため、先に発表されたFF7リメイク版よりも胸が大きくなっているとも話題になっています。

「表示上」は同じかもしれないものの、「ファイナルファンタジー7 リメイク」のティファの胸は、何も小さくなっていない可能性も高い

 ちなみに、このティファのデザインでも、オリジナル版よりも小さいという声もあるのですが、上のような昔のティファの姿を、このまま現代のグラフィックで描きなおすなら、それはもはや不自然さしかないはずなので、「ディシディア ファイナルファンタジー」ぐらいのデザインが正解だと思われます。

 なお、前述の「スクウェア・エニックス社内の倫理部からの指示」については、具体的にどのような指示だったのか詳しくコメントされていませんが、野村哲也氏のコメントから考えると、「小さくしろ」ではなく、「揺らすな」という指示だったような感じです。

 このため、FF7リメイク版では、大きさはオリジナル版をイメージしつつ、揺らさないようにするために、黒のアンダーウェアを着用させて「絞めた」というのが正しい理解かもしれません。

 よって、野村哲也氏は安易に規制的なものに屈しているわけではなく、元の身体的特徴を維持しつつ、今回は、黒のアンダーウェア着用という秘策で乗り切ったというような事案になっていると考えることも出来ます。

予約、購入 :
 ファイナルファンタジー7 リメイク Amazon 楽天 セブンネット スクエニeストア

コメント

  1. 匿名 より:

    世界ではグロ、ゴア表現に緩くてエロ、セクシャル表現に超が付くぐらい厳しいからね、変なイチャモン付けられてゲームの販売ができない地域とかでちゃったらやばいしね

  2. 匿名 より:

    アドベントチルドレンでも黒いレザーの服の中に原作よりピッチリした白いタンクトップ着てリメイクと同じくらいの大きさだったから元々の胸の大きさは変わってないんだろうね

  3. 匿名 より:

    ユフィ「揺〜ら〜す〜な〜!!」

  4. 匿名 より:

    人の生き死によりエロの方が規制されるって世の中狂ってんな

  5. 匿名 より:

    何か殺すような作品はCERO Cでもあるけどエロは女性の乳首ですらCERO Zでもダメって倫理的な面で見ても意味不明だなと毎回思う

  6. 匿名 より:

    流石にオリジナル版のデザインそのままもリメイクの雰囲気やリアルさだと浮くから、黒のインナーで胸も雰囲気も締まった新デザインにして正解だと思う

  7. 匿名 より:

    スクエニのよるデジタルセクハラ

  8. 匿名 より:

    そもそも現実に存在しない人間の胸の大きさの話しをしてもね
    元々がデフォルメされてるから印象が合ってればいいよ
    胸はこれくらいならリアリティあるから良いけど、
    アクションRPGで丸見えなのは分かるけどスパッツに変更したのは
    あーリアルの検閲入ったんだなぁって白ける
    せめてDLCでクラッシックスタイルみたいな名称にして忠実なスキンを売ってくれ

  9. ドラクエXプレイ中 より:

    X以降のリアルタッチなFFシリーズはリメイクティファのこれぐらいの大きさでも胸が十分デカイ部類なんだけどなぁー。
    現実バランス的リアルを求めた結果とCERO的問題がこれに当たったんだと思う。
    オリジナル版ぐらいの大きさにすると某忍者ゲームになっちゃうし、なによりCGのリギング が大変なんだろうな。

  10. 匿名 より:

    スパッツは規制というよりアスリートスタイルにしたからでしょ
    むしろ今まで以上に激しく動くのにパンツのままの方がおかしい

  11. 匿名 より:

    なあに設定が変わろうと薄い本で妄想爆発させればいい
    ぼくはそう思いました