イナズマイレブン オリオンの刻印、戦神三部作の2作目になる?

イナズマイレブン オリオンの刻印、戦神三部作の2作目になる?

 「イナズマイレブン オリオンの刻印」というものが、先日行われたイナズマイレブンのリアルイベントで発表されています。

 今作は、戦神三部作の2作目になるかもしれないそうです。

 

日野社長によれば、「アレスの天秤」と「オリオンの刻印」は、「戦神」という呼び名があるそうです

イナズマイレブン オリオンの刻印

 「イナズマイレブン オリオンの刻印」は、テレビアニメとして放送される予定です。

 このアニメは、2018年10月から、現在のアレスの天秤の放送枠で放送されます。

 つまり、タイトルが変わっただけとも言えるものですが、このオリオンの刻印から日本代表「イナズマジャパン」の話が始まります。

「戦神」というのは、日野社長が企画書を出す時に使っていた名称であり、このときは「戦神三部作」という名前

 また、このシリーズから、一星充などの新キャラクターが登場します。

 さらに、オープニングやエンディングのテーマ曲も変更されます。

 

現時点では、「アレスの天秤」と「オリオンの刻印」は、戦神シリーズではあるものの、「三部作」のうちの1作目、2作目

戦神三部作の2作目になる?

 「イナズマイレブン オリオンの刻印」は、前述の通り「アレスの天秤」の続きの話です。

 このアレスの天秤は、以前に放送されていた、無印のイナズマイレブン3部作、イナズマイレブンGO3部作に続く、イナイレ第3弾作品でもあります。

 そして、「アレスの天秤」と「オリオンの刻印」の2つは、「無印のイナズマイレブン」、「イナズマイレブンGO」のように、一括りにする場合、何と呼べばいいのかということも日野社長によってコメントされています。

「オリオンの刻印」が超長くなって終わるパターンもあるかもしれないなど、三部作化するかどうかは未定なので、現時点で呼ぶならば、戦神三部作というよりも、戦神シリーズ

 日野社長によれば、「アレスの天秤」と「オリオンの刻印」は、「戦神」という呼び名があるそうです。

 「戦神」というのは、日野社長が企画書を出す時に使っていた名称であり、このときは「戦神三部作」という名前を使っていたとのことです。

 よって、「アレスの天秤」→「オリオンの刻印」→「???」というものが検討されているということになっています。

 ただ、現時点では、「アレスの天秤」と「オリオンの刻印」は、戦神シリーズではあるものの、「三部作」のうちの1作目、2作目になっているかどうかはまだ決まっていないそうです。

 もしかしたら、「オリオンの刻印」が超長くなって終わるパターンもあるかもしれないなど、三部作化するかどうかは未定なので、現時点で呼ぶならば、戦神三部作というよりも、戦神シリーズという方がいいようです。

「アレス」はギリシア神話の戦を司る神ですが、「オリオン」はギリシア神話で言えば狩人なので、神とは少し違うという見方もあります

 ちなみに、「戦神」というのは、そのまま「戦う神」という意味です。

 ただ、「アレス」はギリシア神話の戦を司る神の名前ですが、「オリオン」はギリシア神話で言えば狩人の名前なので、神とは少し違うという見方もあります。

レベルファイブで「戦う神」といえば「日ノ神」なので、戦神の3作目がある場合はきっと・・・

 なお、レベルファイブで「戦う神」といえば「日ノ神」なので、戦神の3作目がある場合はきっと・・・

スポンサーリンク

シェアする