ゼルダの伝説

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、続編はハイラル城の地下に新たな脅威が

スポンサーリンク
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、続編はハイラル城の地下に新たな脅威が

 ニンテンドースイッチ「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について、1つ情報が出ています。

 今回は、続編はハイラル城の地下に新たな脅威が目覚めたというものです。

 

ゼルダBOTW、続編はハイラル城の地下

ゼルダBOTW、続編はハイラル城の地下

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、今後、続編の発売が行われます。

 この続編は、正式タイトルすら未発表ですが、以前に新作発表動画が1つ公開されています。

 公開されている動画は、リンクとゼルダが、祠やダンジョンのような場所を探索する内容です。

 今回、この内容に関する情報が、海外向けのパンフレットで少し出ています。

ハイラル城の地下の洞窟に新たな脅威が目覚め、リンクやゼルダたちが再び世界を救うことが出来るのかというような内容

 これによると、まず、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編は、リンクとゼルダが再び登場するとされています。

 また、ハイラル城の地下の洞窟の奥深くに新たな脅威が目覚め、ヒーローたちは再び世界を救うことが出来るのかというような内容になっていると説明されています。

 よって、大きな新情報というわけではないものの、以前に公開された新作発表動画で、リンクとゼルダがいた場所は、ハイラル城の地下であり、ここが新たな物語の始まりのきっかけであるということになります。

追記:
 今回の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編のパンフレットは、最近制作されたものではなく、2019年に「GamesRadar+」という海外メディアが作ったものだそうです。

 このため、新情報と言えるかは微妙です。

 ただ、GamesRadar+という、ゲーム雑誌「Edge」と関連するイギリスの超大手メディア制作によるパンフレットなので、情報としては間違いはないはずです。

コメント

  1. 匿名 より:

    そろそろだなー
    任天堂のゲームは情報公開から半年以内に発売だから、9月にはでるな

  2. 匿名 より:

    地上のフィールドはそのままに、地下洞穴みたいな地形が生まれるとかなのかな?知らんけど。
    何にしてもワクワクしかしない。

  3. 匿名 より:

    >任天堂のゲームは情報公開から半年以内に発売だから、9月にはでるな

    何この根拠のないルール

  4. 匿名 より:

    Redditを読んでみると、これ1年前のパンフに載ってた情報らしいですよ。

  5. 匿名 より:

    初代ゼルダ→リンクの冒険、時のオカリナ→ムジュラ、みたいに同一人物のリンクが続編に出る場合はゲームシステムがガラっと変わる事が多い気がする。
    アクトレイザーみたいにハイラルの復興に奮闘するSLGパートと広大な地下を自由に探索しながら問題を解決するACTパートに分かれてたり?

  6. 匿名 より:

    アクトレイザーは大好きだし、あのシステムも良いけど、今はもうACTとSLGがパート分けせずにシームレスで出来る時代だからなぁ。
    イチカラ村とリンクの自宅の要素をもう少し踏み込んで欲しい。任天堂はちょっと遊びで入れた要素が面白過ぎる。

  7. 匿名 より:

    シリーズ未経験だけど、リンクが出なかったこととかあるの?

  8. 匿名 より:

    あるで
    その昔衛星放送を使ってデータを受信して決められた時間にのみゲームが出来る試みがあったんだけどその中のゼルダは本当にプレイヤー自身が主人公でリンクは出なかったみたい

タイトルとURLをコピーしました