任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組み、数百件規模の新しい開発会社、個人開発者が問い合わせる

任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組み、数百件規模の新しい開発会社、個人開発者が問い合わせる

 任天堂が、GDC 2013で「Nintendo Web Framework」などを発表し、任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組みを発表しましたが、これについて、岩田社長がコメントしています。

 これによると、GDC 2013での発表後、数百件規模の新しい開発会社、個人開発者が内容について問い合わせを行ったそうです。

 このため、GDC 2013の任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組みに対する反応は悪くなかったようです。

任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組みについては、「Nintendo Web Framework」という、HTML5やJavaScriptといった汎用のウェブテクノロジーを使ってソフトを作ることの他に、「Unity」という、マルチプラットフォーム対応のゲームエンジンのWii Uへの対応も発表

 ちなみに、任天堂ハードでのゲーム開発者を広げる取り組みについては、「Nintendo Web Framework」という、HTML5やJavaScriptといった汎用のウェブテクノロジーを使ってWii Uソフトを作ることの他に、「Unity」という、マルチプラットフォーム対応のゲームエンジンのWii Uへの対応も発表されています。

 よって、Wii Uなら、それらの開発経験がある人は比較的簡単にソフトを作れ、これまで参入出来なかったような小さな開発会社や個人に近いレベルの開発者も、問い合わせて条件が合えば、Wii U用のソフトを作れる可能性があるようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これでソフトが増えてくれるといいな