PSVITAのホーム画面のタッチ操作強要が一部緩和、動画の倍速再生追加、PSソフトのプレイ、PSプラス対応なども

 PSVITAのシステムソフトウェア バージョン1.80の案内が出ています。

 これによると、このシステムソフトウェアを導入すると、PSVITAのホーム画面などでのタッチ操作強要が一部緩和されるそうです。

 また、PSPより大幅に劣化していた動画再生機能が改善され、動画の倍速再生などが追加されます。

 さらに、PS1ソフトのプレイにも対応し、また、これは1.80からではないですが、年内の予定でPSプラスへの対応も行われます。

 PSVITAのシステムソフトウェア バージョン1.80は、2012年8月28日から配信されます。

 
<PSVITAシステムソフトウェア バージョン1.80>
 システムソフトウェア バージョン1.80では、初代「プレイステーション」規格ソフトウェアに対応し、ユーザーの皆様は数々の名作タイトルをPS Vitaの美麗な5インチ有機ELディスプレイ上でお楽しみいただけるようになるほか、様々な機能の追加を予定しています。

システムソフトウェア バージョン1.80で追加される主な機能
・ 初代「プレイステーション」規格ソフトウェアに対応
・ ホーム画面や、「ビデオ」、「ミュージック」、「設定」などのアプリケーションの一部の機能において、PS Vita本体ボタンでの操作に対応
・ 「ビデオ」で動画の可変速再生、早戻し/早送りおよびリピート再生に対応
・ 「ミュージック」で、PlayStation3(PS3)またはiTunes*1で作成したプレイリストの再生に対応
・ リモートプレイ」のLiveAreaに、PS Vitaを利用してPS3専用ソフトウェアの操作ができる「クロスコントローラー」機能のアイコンを追加し、PS3との連携を強化*2

 現在PS3 ユーザーの皆様向けに提供しているPlayStation Plusにつきましては、年内にPS Vitaでもご利用いただけるようになります。PlayStation Plusにご加入いただくことで、PS Vitaユーザーの皆様は、PlayStationPlus会員専用の様々な特典をお楽しみいただけます。
 さらに、今後もソフトウェアメーカー各社様およびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)より、『アサシン クリードIII レディ リバティ』(11月15日発売予定、ユービーアイソフト)、『Puls-AR(パルス・エーアール)』(8月23日発売予定、SCE)、『リトルビックプラネット PlayStation Vita』(9月20日発売予定、SCE)など、期待の専用ソフトウェアが続々と発売される予定です。

 加えて、Cross-Play(クロスプレイ)に対応した『ストリートファイター X 鉄拳』(10月25日発売予定、株式会社カプコン)や、Cross-Save(クロスセーブ)に対応した『サウンドシェイプ』(発売日未定、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)など、PS3と連携してお楽しみいただける「cross platform feature」(クロスプラットフォーム機能)対応のタイトルも拡充してまいります。
 ユーザーの皆様は、タイトルに応じて、PS3およびPS Vitaユーザー同士でゲームの協力プレイ、対戦などをお楽しみいただけるほか、PS3およびPS Vitaのセーブデータを両プラットフォーム間で共有することで、ご家庭のPS3で楽しまれていたゲームの続きを外出先でもPS Vitaで継続してプレイすることが可能になるなど、PS3とPS Vitaの両プラットフォームの連携による画期的な遊び方が楽しめます。
 SCEは、今後もPS Vitaならではの楽しさを体験できる施策を積極的に提案し、プラットフォームの普及拡大を強力に推進してまいります。

※1 iTunesは、10.6.3 以降をお使いいただく必要があります。
※2 タイトルによって、PS3およびPS Vita専用タイトルがそれぞれ必要になる場合があります。

 
 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 若者 より:

    PS1のソフトが!? 嬉しすぐる