どうぶつの森、ディレクターの1人だった毛呂功氏が任天堂を退社

どうぶつの森、ディレクターの1人だった毛呂功氏が任天堂を退社

 どうぶつの森のディレクターに関する話題が、海外で出ています。

 これによると、ディレクターの1人だった毛呂功氏が任天堂を退社したそうです。

 

どうぶつの森、毛呂功氏が退社

どうぶつの森、毛呂功氏が退社

 どうぶつの森シリーズは、これまで、本編が6作品ほど発売されています。

 今回、その多くに、ディレクターとして関わっていた毛呂功氏が、任天堂を退社したことが明らかになっています。

 毛呂功氏は、ニンテンドーDS版「おいでよ どうぶつの森」のシステムディレクターや、Wii「街へいこうよ どうぶつの森」のサブディレクター、ニンテンドー3DS「とびだせ どうぶつの森」の共同ディレクターなどを務めています。

 また、ニンテンドー3DSの「ハッピーホームデザイナー」では、メインディレクターを務めています。

 このため、徐々に、このシリーズでの重要な役割を果たしつつありました。

毛呂功氏が、任天堂を退社した理由は不明で、今後の予定も現時点では分からないようです

 ちなみに、毛呂功氏が、任天堂を退社した理由は不明で、今後の予定も現時点では分からないようです。

 ただ、定年というような年齢ではないので、今後、別のゲーム会社に行くなど、何か他の仕事をするのではないかと予想されています。

 どうぶつの森っぽいゲームは、かなり需要はありそうなので、これのディレクターを務めていたとなると、転職先には困らないと思われますが、果たして、どのような仕事をするのでしょうか。

 なお、どうぶつの森シリーズのディレクターと言えば、現在はイカ研究員としての方が有名な野上氏や、「ハッピーホームデザイナー」の共同プロデューサーの京極あや氏などもいます。

 どちらも出世して、現在はプロデューサー業がメインになりつつある感じなので、毛呂功氏の任天堂退社により、どうぶつの森シリーズのディレクターの後継者が誰になるのかも注目となっています。

 とびだせ どうぶつの森 amiibo+パック Amazon 楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    変わった名前だからどっかに行けばすぐに分かりそう

  2. 匿名 より:

    京極あや氏はトワプリのスタッフでもいらっしゃいましたね。
    社長に訊くを読んでた頃が懐かしい

  3. 匿名 より:

    なるほど
    とび森でディレクターを京極さんと一緒に2人でやってたのは退社を見込んでって事なのかな

  4. 匿名 より:

    変わった名前だから覚えていた人
    この人が退社なんてびっくり

  5. 匿名 より:

    同じくとび森でディレクターが二人いたのは珍しいなーと思ってた
    スプラ2にも名前が載ってたらしいし、徐々にフェードアウトしていく予定だったのかも

  6. 匿名 より:

    今退社されるこのタイミングが何か意味がありそうだ例えばスイッチ版の開発が一通り終わったとか

  7. 匿名 より:

    ディレクター二人なんて別に珍しくないかと。時岡やムジュラも複数いたし、スプラもそう。
    スタッフなんて一つのソフトが終わればすぐまた別のソフト開発に移るし、役割も変わったりするのも普通にある。フェードアウトとか関係ない。

  8. 匿名 より:

    流石に「他でぶつ森みたいなゲームを作りたい」だったら辞めるまでもないと思う
    余程の社内政治的な鬱憤でも溜まってたなら別だけど、そういうのはえてして
    会社が不調になったときに抜けていくもので絶好調の時に抜ける理由じゃない

    と思うけど、まあ似たようなゲーム出して来たら知らんw