ドラゴンクエスト11、岡本北斗プロデューサーが炎上の件で謝罪

ドラゴンクエスト11、岡本北斗プロデューサーが炎上の件で謝罪

 スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト11」のニンテンドースイッチ版の発売を記念したネット番組が配信されました。

 この番組の冒頭で、岡本北斗プロデューサーが炎上の件で謝罪しています。

 

DQ11、岡本北斗プロデューサー

DQ11、岡本北斗プロデューサー

 「ドラゴンクエスト11」のニンテンドースイッチ版は、少し前に体験版が配信されています。

 ただ、この体験版は、プレイするとエラーが発生するとツイッターなどで話題になっていました。

 このエラーについては、スクウェア・エニックスの岡本北斗プロデューサーが、自身のツイッター上で情報提供を呼びかけ、それに対して返信などを行っていました。

 しかし、その過程で、匿名のユーザーに煽られてキレてしまい、暴言でそのユーザーに返信していました。

スクウェア・エニックスの岡本北斗プロデューサーは、スイッチ版DQ11発売記念番組の冒頭で、前述のツイッターでの炎上騒動

 結果、その対応に批判が出て、炎上状態にもなっていました。

 その後、岡本北斗プロデューサーは、ツイッターアカウントを削除し、ネットでその姿を見ることは出来なくなりました。

 ただ、今回、「ドラゴンクエスト11」のニンテンドースイッチ版の発売を記念したネット番組に久々に登場しています。

 

岡本北斗プロデューサーは、SNS上で不適切な発言をし、お客様に対して不快な気持ちにさせてしまったことに関してお詫びを申し上げるとコメント

炎上の件で謝罪

 スクウェア・エニックスの岡本北斗プロデューサーは、スイッチ版DQ11発売記念番組の冒頭で、前述のツイッターでの炎上騒動を謝罪しています。

 岡本北斗プロデューサーは、SNS上で不適切な発言をし、お客様に対して不快な気持ちにさせてしまったことに関してお詫びを申し上げるとコメントしています。

 そして、自分の立場などを顧みない発言だったと深く反省し、今後はこのようなことがないようにすると述べ、大変申し訳ありませんでしたと頭を下げています。

 このため、スイッチ版DQ11のツイッター炎上騒動について、皆の前で公式な謝罪が行われたということになっています。

スイッチ版DQ11のツイッター炎上騒動について、公式な謝罪が行われたということになっています

 ちなみに、今回の件は、煽って来た方が悪いとも言えるため、多くの人は暴言をそれほど問題にしていなかったと思われるので、すぐにツイッター上で言い過ぎたと謝っていれば済む話だったと思われます。

 ただ、アカウントを削除して逃走したような状態になり、より炎上した部分もあったので、その後の対応がまずかった感じも強いです。

 よって、このあたりを学習して、次回に活かして欲しいところでしょう。

スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト11」のニンテンドースイッチ版については、2Dモードと3Dモードを切り替えると、町単位でしか

 なお、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト11」のニンテンドースイッチ版については、2Dモードと3Dモードを切り替えると、町単位でしかストーリーの進行状況が保存されていないことが影響してか、町に存在する同じ宝箱を、モードを切り替えることで何度でも入手出来るバグも発見されています。

 このため、またプロデューサーが責められそうな案件も発生しているので、こちらも早めに対応しておくべきかもしれません。

 ドラゴンクエスト11 S スクエニeストア Amazon 楽天 セブンネット iconローソンHMV

コメント

  1. 匿名 より:

    3DS版では
    3Dモードと2Dモードの切り替えに
    そんな制約は無かった(シームレスに切り替わった)と思うが、
    そもそもそんな感じには出来なかったのだろうか?

  2. 匿名 より:

    そういうバグは美味しいのであえて残しても良いと思います
    ネトゲでもないですし裏技として残してほしいですね

  3. 匿名 より:

    今回の切り替えは元々別物の
    PS4版と3DS版を切り替えれるようにしたから
    フラグなど完全に合致しなかったのかもしれませんね

  4. 匿名 より:

    それはバグじゃなくて仕様っぽいけどな