ファイナルファンタジー7 リメイク、コマンド勢にも配慮したバトルに

ファイナルファンタジー7 リメイク、コマンド勢にも配慮したバトルに

 スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー7 リメイク」について、北瀬佳範プロデューサーがコメントしています。

 今回は、特に新情報というわけではないですが、バトルシステムについて紹介されています。

 

FF7リメイク、アクションを入れた戦闘に

FF7リメイク、アクションを入れた戦闘に

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」は、そのタイトル通り、プレイステーション1などで発売されたゲームをリメイクした作品です。

 リメイクなので、基本的なゲーム展開はオリジナル版と同じですが、今作はゲームのプレイ感が大幅に変わっています。

 今作のプレイ感の変更で一番大きいのは、バトルシステムです。

今回の「ファイナルファンタジー7 リメイク」でも、オリジナル版のコマンドバトルが進化したようなシステムが登場します

 PS1などで発売されたオリジナル版のFF7は、いわゆるコマンドバトルになっています。

 ただ、最近のFFは、FF7のようなコマンドバトルが採用された作品ではなく、それを進化させたようなシステムが搭載されています。

 そして、今回の「ファイナルファンタジー7 リメイク」でも、オリジナル版のコマンドバトルを進化させたようなシステムが登場します。

 その進化ポイントは、アクション要素を取り入れたというものであり、ボタン1つで攻撃や防御などを行える、直感的なシステムが採用されているというものです。

 

コマンド勢にも配慮したバトルに

コマンド勢にも配慮したバトルに

 ファイナルファンタジーシリーズのバトルシステムは、作品ごとに進化し、またそれぞれ個性があって好評です。

 ただ、今回は、新作ではなくリメイクなので、この進化が、オリジナル版を遊んだ人から「余計な変更」と判断されてしまう危険もあります。

 PS1などで発売されたFF7は、前述のように完全なコマンドバトルであり、その思い出を前提に今作をプレイすると、コレジャナイと言われてしまう可能性もあります。

 しかし、このような反応が出るかもしれないという部分は、スクウェア・エニックスも当然考えているようで、今作は、コマンドバトルで遊びたいという勢力にも配慮したバトルシステムになっています。

 それは、アビリティ使用のためのコマンド選択中は、時間が止まるようになっているという部分です。

スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー7 リメイク」のバトルは、アクション要素が入ったことで、リアルタイムに敵味方の状況

 スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー7 リメイク」のバトルは、アクション要素が入ったことで、リアルタイムに敵味方の状況が変化します。

 また、今作の基本的な戦闘システムのサイクルは、攻撃を繰り返してATBゲージを貯めて、アビリティを使うというものです。

 そして、バトルのリアルタイム性は、今作の戦闘で重要な「アビリティ」使用のためのコマンド選択中は無効化されるので、アクションが苦手で、じっくり戦略を考えてプレイしたいコマンド勢も十分対応できるものになっているということです。

 

バトルシーンをチェック

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」のバトルの仕様については、上の動画の21分ぐらいから、スクウェア・エニックスの北瀬佳範プロデューサーが紹介しています。

 前述の内容は、文字だけだと分かりにくかったかもしれませんが、ここで「アビリティ使用のためのコマンド選択中は時間が止まる」ということも映像と共に解説されているので、これを見ればどういうシステムなのか大体わかると思います。

「ファイナルファンタジー7 リメイク」のバトルの仕様については、上の動画の21分ぐらいから、スクウェア・エニックスの北瀬佳範プロデューサー

 ちなみに、今回の動画は、香港で行われたFF7リメイクの紹介ステージの映像です。

 現地の人のコメントは何と言っているのかよく分からないと思われますが、北瀬佳範プロデューサーは全て日本語でコメントしているので、今回の動画は、戦闘の紹介部分だけではなく、最初から見ても楽しめると思います。

「ファイナルファンタジー7 リメイク」のコマンド勢への配慮のコメントは、今回の動画の中で、何度か登場して来ます

 なお、「ファイナルファンタジー7 リメイク」のコマンド勢への配慮のコメントは、この動画の中で、何度か登場して来ます。

 それだけスクウェア・エニックス自身も、受け入れられるのか気になっている部分なのかもしれませんが、今回のリメイクは、原作を楽しんだファンもちゃんと楽しめるように作っているということがコメントされているので、大きく変わったバトルシステムについてはあまり心配はいらないような感じです。

予約、購入 :
 ファイナルファンタジー7 リメイク Amazon 楽天 セブンネット スクエニeストア