キングダムハーツ3、スイッチへの移植のガセネタがまた拡散されてしまう

キングダムハーツ3、スイッチへの移植のガセネタがまた拡散されてしまう

 スクウェア・エニックスの「キングダムハーツ3」について、海外で話題が出ています。

 今回は、スイッチへの移植のガセネタがまた拡散されてしまっています。

 

キングダムハーツ3、スイッチへの移植

キングダムハーツ3、スイッチへの移植

 「キングダムハーツ3」は、プレイステーション4とXbox One(海外)で発売されています。

 現行の家庭用ゲーム機では、ニンテンドースイッチ版だけ発売されておらず、海外では以前からスイッチでも発売して欲しいという声が多いです。

 この要求の酷さは、2017年の野村哲也氏に対する海外インタビューのときに話題になっており、このインタビューが情報源とされ、「キングダムハーツ3」は、「ニンテンドースイッチでも発売される可能性がある」と海外で報じられていました。

野村哲也氏は、「キングダムハーツ3」がニンテンドースイッチでも発売される可能性があると報じられたことについて、「『検討する』の部分を拡大解釈

 しかし、この「スイッチ版の可能性」は、簡単に言えばガセネタだったということになっています。

 あまりにも酷いものだったので、野村哲也氏は、その後のファミ通のインタビューで、この内容について、「センセーショナルな見出しにされて拡散されることも少なくありません」と苦言を呈しています。

 野村哲也氏は、そのインタビュー内容について、「KH3のニンテンドースイッチ版について聞かれ、いまは、すでに発表済みのPS4版とXbox One版での発売が最優先です。そのほかのハードに関しては、それが完成してから検討しますと答えました」とコメントしています。

 そして、このコメントの意味は、スイッチ版は「今は予定にない」というものであると明らかにしています。

 つまり、FF7が20年のときを超えて任天堂ハードにやって来たように、未来永劫、任天堂ハードに「キングダムハーツ3」がやって来ないということは言えないので、そのようにコメントされただけです。

 また、野村哲也氏は、「キングダムハーツ3」がニンテンドースイッチでも発売される可能性があると報じられたことについて、「『検討する』の部分を拡大解釈したのか、『発売の可能性がある』と広まってしまった」と述べています。

 よって、この野村哲也氏のコメントを、「発売の可能性がある」と報じるのは完全に間違いであり、実質ガセネタであるということです。

 

スクウェア・エニックスの「キングダムハーツ3」のニンテンドースイッチへの移植の可能性の話は、このように、絶対に任天堂ハードで発売しないわけではない

ガセネタがまた拡散されてしまう

 スクウェア・エニックスの「キングダムハーツ3」のニンテンドースイッチへの移植の可能性の話は、このように、絶対に任天堂ハードで発売しないわけではないということが述べられたにすぎないものです。

 また、野村哲也氏は、「『そのほかのハード』はニンテンドースイッチだけではありません」ともコメントし、特に何かニンテンドースイッチだけに向けた計画が存在するわけではないことも明らかにしています。

 この話は、前述のように、2017年に登場し、その後、ファミ通に掲載された野村哲也氏の苦言や批判で完全終了していた話題です。

「キングダムハーツ3」のニンテンドースイッチへの移植は、FF15の移植が、エンジン提供元も含めて、アンリアルエンジンを使って何度か実験してみた結果

 しかし、ファミ通に掲載された野村哲也氏のコメントの中に、「予定されているPS4版とXbox one版の完成後に検討する」というコメントもあったため、海外メディアが、このファミ通の記事を根拠にして、「キングダムハーツ3」が少し前に無事発売されたことで、再び、以前の「『検討する』の部分を拡大解釈した、『発売の可能性がある』」という部分を強調した記事を作り出しています。

 よって、野村哲也氏のコメントを「拡大解釈」した、実質ガセネタが再び世界で拡散されている状態です。

 なお、「キングダムハーツ3」のニンテンドースイッチへの移植は、スイッチ対応版よりも前のアンリアルエンジンが使われていたこともあって、技術的な問題がまず存在します。

 また、今作は、ブルーレイでも容量が足りないとコメントされていたほどの大容量なので、ソフトの容量的にも現状のスイッチのカートリッジ仕様では移植は無理です。

 このため、もし「そのほかのハード」で「キングダムハーツ3」が発売されるとしても、現時点では、Steam版などの方が遥かに「可能性」は高いです。

 

「キングダムハーツ3」がニンテンドースイッチに移植される可能性は低いと思われますが、この記事は、ニンテンドースイッチに「キングダムハーツ3」が絶対に登場しない

食べられません

 最後に、この記事の悪用防止のために、「食べられません」、「猫を電子レンジに入れないでください」的なことも書いておきます。

 前述の通り、技術的な理由もあると考察できるため、「キングダムハーツ3」がニンテンドースイッチに移植される可能性は低いと思われますが、この記事は、ニンテンドースイッチに「キングダムハーツ3」が絶対に登場しないということを言いたい記事ではありません。

 2017年のファミ通の野村哲也氏のコメントを、2019年に再び持ち出して、「キングダムハーツ3がニンテンドースイッチに移植される可能性がある」と報じるのはガセネタであるということを指摘している記事です。

 ニンテンドースイッチと「キングダムハーツ3」については、技術的、容量的な問題があるならば、例えば、カプコンの「バイオハザード7」のようなクラウド版での提供という可能性も考えられるわけですが、そういった話は、今回のガセネタが拡散されているという話とはまた別の話になります。

 キングダムハーツ3 セブンネット スクエニeストア Amazon

コメント

  1. 匿名 より:

    ほんと、どこの国でも変わらないんだなこういうガセネタ拡散って・・・

  2. 匿名 より:

    そう、記事の終盤にもあったように「PS4のブルーレイでも容量が入り切らない」これにあるんだよね
    PS4で使われているBlu-rayディスク(以下”BD”)の最大容量は片面2層の50GBまででそれ以上に容量の入るBDXLはPS4の発売当時はBDXL自体が発売されていなかったから非対応、50GBの制限の中でゲームを作った上で全ての内容をDLCで保管する形になってるから32GBしかカセットがない今のSwitchには無理な話だろうね。

  3. 匿名 より:

    KH3の旧バージョンのUE4ってDQ11みたいに新しいバージョンに切り替えられそうだと思いますけどね
    容量はムービーに使ってる部分が多いみたいですね。switchだとデータはもっと圧縮出来ましたよね確か。あとはムービーを少しあらくするとかうまくROMに入りそうですけどね
    まぁ私個人としては移植しなさそうな気がしますがね。ただ世界規模でKH3をswitchに移植してほしいという声が沢山あるので何らかの形で応えてほしいところではありますけどね

  4. 匿名 より:

    そもそもガセネタを広める人ってアホばっかなんやなって。

  5. 匿名 より:

    ほとんどのメディアはガセネタでも拡散させないと仕事にならないからね
    特ダネなんて手に入れられる人は殆どいないし、そもそも取材すらしないで記事書いてる連中が大半だから

  6. 匿名 より:

    まあエンジンが対応してたとしてもスペック的に30fps以下でしか動かないだろうし、新規お断りストーリーの3だけスイッチで出しても余計批判に晒されそうな気はする。1.5+2.5も50GB近く必要だから現状無理だろうし次世代機あたりまでお預けでしょう

  7. 匿名 より:

    出るとしてもps4のfmが出た後の気がする

  8. 匿名 より:

    野村の発言って拡大解釈されやすいよな
    エアリス殺しましょうの件とか