ニンテンドー3DS、ルイージマンションの開発はグレッゾ。あの伝説は別?

ニンテンドー3DS、ルイージマンションの開発はグレッゾ。あの伝説は別?

 ニンテンドー3DSの「ルイージマンション」について、1つ情報が出ています。

 これによると、今作の開発はグレッゾが行っているそうです。

 

ニンテンドー3DSに、ルイージマンション

ニンテンドー3DSに、ルイージマンション

 「ルイージマンション」は、2001年9月14日にゲームキューブで発売された作品です。

 ゲームキューブのロンチソフトとして発売され、その後、ニンテンドー3DSで、新作となる「ルイージマンション2」が登場しています。

 そして、ゲームキューブで発売された1作目の「ルイージマンション」が、ニンテンドー3DSに移植されることが、少し前のニンテンドーダイレクトで発表されています。

 今回、この開発元が、オーストラリアのレーティング機構により判明しています。

これによると、ニンテンドー3DS版の「ルイージマンション」の開発元は、グレッゾです

 これによると、ニンテンドー3DS版の「ルイージマンション」の開発元は、グレッゾです。

 グレッゾは、ニンテンドー3DSで「Ever Oasis -精霊とタネビトの蜃気楼-」や「すれちがいガ~デン」を発売したり、Wiiウェアで「ラインアタックヒーローズ」を発売している開発会社です。

 また、3DSで発売された「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」、「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D」、「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」の開発にも参加しています。

 その他、ニンテンドー3DS用ソフト「THE LEGEND of LEGACY」、「THE ALLIANCE ALIVE -アライアンス・アライブ-」の開発にも参加しています。

 よって、ゼルダの移植など、3DSソフトの開発実績が多数あるので、今回、ルイージマンションの移植の開発元に選ばれたようです。

ゼルダの移植など、3DSソフトの開発実績が多数あるので、今回、ルイージマンションの移植の開発元に選ばれたようです

 なお、ニンテンドー3DS版の「ルイージマンション」は、今のところ詳しいゲーム情報は明らかにされていませんが、ゲームキューブ版の単純移植ではなく、一度倒したオバケと何度でも戦えるモードの追加も行われているので、リメイクと言えるようなものになっています。

ニンテンドー3DS版の「ルイージマンション」は、今のところ詳しいゲーム情報は明らかにされていませんが、ゲームキューブ版の単純移植ではなく

 また、下画面には、「ゲームボーイ ホラー」の表記も継続する、常時表示のマップ画面も用意されています。

 

グレッゾは、ニンテンドー3DS版「ルイージマンション」の開発とは別に、あの伝説の方の開発も行っているような感じ

あの伝説とは別に?

 ニンテンドー3DS版「ルイージマンション」の開発元であるグレッゾと言えば、前述のように、3DS用の「ゼルダの伝説」の開発で有名です。

 グレッゾが関わったゼルダの伝説の3DSゲームは3本もあります。

 また、これ以外に、ニンテンドー3DSでも遊べるDSiウェアとして配布された、「ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション」の移植にも参加しており、グレッゾは、ゼルダに関わっている率がかなり高いです。

 そして、このようなゼルダイメージもあることから、グレッゾは、求人募集のタイトルを、「一緒に伝説を作りませんか」というものにしており、「あの伝説」の開発が他にも進行中なのではないかというようなことを示唆していたりします。

 今回、グレッゾが関わっている最新タイトルが、3DS版の「ルイージマンション」だったので、あの伝説とは無関係の作品でした。

 ただ、「一緒に伝説を作りませんか」として募集されている求人は、その内容が、「Unreal Engineの実務経験のある方」、「HD描画環境構築に参加」などになっているため、ニンテンドースイッチでの開発者募集のような印象が強いです。

 よって、グレッゾは、ニンテンドー3DS版「ルイージマンション」の開発とは別に、あの伝説の方の開発も行っているような感じになっています。

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の次となる本編の方は、任天堂の社内開発をメインにしたものになっていると思われますが、その間に、ニンテンドースイッチで何らかのゼルダ移植作品などが出そうな気もしますが、果たして、グレッゾは他に何を作っているでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    グレッゾは、調べたところによると、
    シリーズ最大の黒歴史と悪名高い『聖剣伝説4』をスクエニで作ったメンバーが独立し、
    そのメンバーが中心となって設立されたようです。
    そこから『時のオカリナ』リメイクという超大役を任され、
    見事こなして任天堂から信頼を勝ち取るというすさまじい復活劇ですね

    ルイージマンションは『2』の開発元が
    2のノウハウ等を生かしてリメイクするとばかり思っていたのでグレッゾは意外でした
    3DS移植の開発元として最適ではありますが
    はたしてゲーム内容にはどうメスを入れるのか……気になります

    あと『伝説』はよくあるセリフの「俺と一緒に新たな”伝説”を作らないか」みたいな
    新しい語り継がれるような何かを作ろうぜ、という誘いにも聞こえます
    旧世代ハードから乗り換えそびれたようなディベロッパーが
    メインタイトルにUE4を使って一発逆転を狙う!というのはもはや日本では日常ですが
    流石にゼルダに、もともとスイッチに最適かというと疑問の残るUE4を使う、というのは
    信じたくないですね…….
    UE4でなにか新しいデカイことをしてくれるんじゃないかと期待しています

  2. 匿名 より:

    まさかの聖剣”伝説”だったり