ニンテンドースイッチ、キーコンフィグが本体の設定で出来るようになる

ニンテンドースイッチ、キーコンフィグが本体の設定で出来るようになる

 ニンテンドースイッチのアップデートが実施されています。

 今回は、キーコンフィグが本体の設定で出来るようになっています。

 

スイッチ、Ver.10.0.0アップデート

スイッチ、Ver.10.0.0アップデート

 ニンテンドースイッチのシステムソフトウェアが更新されています。

 今回は、本体のバージョンをVer.10.0.0へとアップデートするものです。

 Ver.10.0.0の内容は、以下のようになっています。

●「ゲームニュース」にブックマーク機能を追加しました。
・ ゲームニュース内のブックマークボタンから最大300件分を登録できます。
 ※ブックマークしているゲームニュースを見るにはインターネットに接続できる環境が必要です。
 ※配信が終了したゲームニュースは、ブックマークしていても見られなくなります。

●「設定」の「データ管理」に「本体/SDカード間のデータ移動」を追加しました。
・ ダウンロードソフトや更新データ、追加コンテンツを本体保存メモリーとSDカードとの間で移動できるようにしました。
 ※セーブデータと一部の更新データは移動できません。

●「設定」の「コントローラーとセンサー」に「ボタンの割り当てを変える」を追加しました。
・ 登録されているコントローラーごとに、スティックやボタンの割り当てを変更できるようにしました。
・ 変更後の設定を「お気に入り」として保存しておくこともできます。
 ※設定情報はNintendo Switch本体に保存されます。
 ※設定を変更できるコントローラーの種類は「Joy-Con (L)/(R)」「Nintendo Switch Proコントローラー」「Nintendo Switch Lite」です。その他のコントローラーではこの機能は利用できません。
 ※「お気に入り」はコントローラーの種類ごとに最大5つまで保存できます。

●「ユーザー設定」に「プレイ記録の設定」を追加しました。
・ 「プレイ記録の設定」を追加し、これまで「フレンド機能」の設定内にあった「プレイ記録の公開」と「プレイ記録の消去」の2つを移動させました。

●ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。
・ 『あつまれ どうぶつの森』より6種類を追加しました。

●いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

 

キーコンフィグが本体の設定で可能

キーコンフィグが本体の設定で可能

 ニンテンドースイッチの今回の更新は、バージョンが10へと大きく変更されていることからも分かるように、本体機能の大きな追加が実施されています。

 その内容は、コントローラーのボタン割り当て設定が可能になっているというものです。

 これは、キーコンフィグなどとも呼ばれるものであり、ゲームによっては、メニューやオプションから設定することが可能です。

 ただ、そういったキーコンフィグ設定のないゲームに対しても、今回の本体側に用意されたコントローラーのボタン割り当て設定によって、自分の好きな操作性に変更することが出来るようになります。

そういったキーコンフィグ設定のないゲームに対しても、今回の本体側に用意されたコントローラーのボタン割り当て設定によって、自分の好きな操作性に変更

 ちなみに、この変更を行うと、全ての操作がその設定通りになるので注意しておいて下さい。

 もちろん、キーコンフィグ設定後リセットすることは可能です。

 また、キーコンフィグの設定内容を、「お気に入り」として最大5つまで保存可能なので、あのゲーム用、このゲーム用として個別に用意しておくことも出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ゼルダなんかだとダッシュとジャンプの併用が難しかったので本体レベルでこれができるのはありがたいですね

  2. 匿名 より:

    これは控えめに言って神ですね
    さっそくダッシュ設定がおかしいと評判の聖剣3リメイクのボタンを入れ替えました
    スライドパッド押し込みでダッシュってアホですかと。BボタンとかZRで良いんですよ。任天堂には感謝します

  3. ドラクエXプレイ中 より:

    めちゃくちゃ神機能なんだけど!
    ただスマブラみたいなキーコンフィグ設定できる
    ソフトとこの機能が+されたら操作がぐちゃぐちゃになるから、ソフト起動する前に本体のキーコンフィグ設定した後スマブラとか起動したら設定し直すのに時間がかかりそうだけど(笑)

  4. 匿名 より:

    一応お気に入り機能はあるようです