ニンテンドースイッチ、現状況下でも任天堂ソフトは遅れない前提

ニンテンドースイッチ、現状況下でも任天堂ソフトは遅れない前提

 ニンテンドースイッチについて、任天堂が決算説明会で少しコメントしています。

 今回は、現状況下でも任天堂ソフトは遅れない前提になっていることが明らかにされています。

 

スイッチ、任天堂ソフトは遅れない前提

スイッチ、任天堂ソフトは遅れない前提

 ゲーム業界は、他の産業と同様、世界的に外出の自粛が求められている状況が続く中、その業務に影響が出ています。

 影響は、テレワークなどが推奨される中、効率的な業務が行いにくくなっているという部分などで発生しています。

 今回、このような状況の中で、任天堂のニンテンドースイッチソフトの発売は今後どうなるのかについて、古川社長が少しコメントしています。

任天堂の場合、どちらかと言えばソフトよりもニンテンドースイッチ本体の生産の方が大きく影響を受けています

 これによると、まず、任天堂もその多くの社員が在宅で勤務する形態に移行しているそうです。

 ただ、現時点では、未発表のものも含めて、2021年3月末までにリリース予定にしているソフトの発売計画は変更しておらず、現状況下でも任天堂ソフトは遅れない前提で販売計画を立てているとのことです。

 よって、少し前に、スマブラ桜井氏もテレワークでのDLC開発はとても上手くいっているとコメントしていましたが、在宅勤務になった影響はそれほど多く出ていないようで、皆が近いうちに出ると予想しているような任天堂のソフトは、今後予定通りに出て来るようです。

 ちなみに、今後の世界情勢の悪化などによっては、計画を変更することもあり得るということも明らかにされています。

 なお、任天堂の場合、どちらかと言えばソフトよりもニンテンドースイッチ本体の生産の方が大きく影響を受けています。

 しかし、この点についても、今よりも世界情勢の悪化がなければという前提付きですが、2020年夏頃には影響はある程度収まり、2021年3月までに計画通りの数のニンテンドースイッチ本体の生産が出来るようになると説明されています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. クラッシュ・バンディクー より:

    ゼルダの続編は年末発売を期待したいけど
    どう森パターンで来年3月発売かな?

  2. 匿名 より:

    よかったよかった
    早くゼルダをやりたい

  3. 匿名 より:

    通常時でも延期とか普通にあるのに仕事が進みにくい現状があってそんなに安心するのもどうかって思うけどな。全てが3ヶ月ずつ遅れて行きますなんて今から予定にするのもしたくないだろうし、とりあえずで考えてるくらいの方がいいと思う

  4. 匿名 より:

    古川社長下の任天堂は完成度度外視で販売しそうだから不安もあるなぁ
    どう森みたいに後からアプデ前提のスマホゲーみたいな売り方にはして欲しく無い

    ブレワイ続編は絶対に失敗出来ないから、影響があるなら延期してほしいくらいだ

  5. 匿名 より:

    予定どうりに行くといいな

  6. 任天堂好き より:

    未発売のソフトも含めて、という発言にすごく期待が膨らみますね。現在発表されてるゼノブレや発売日未定のブレワイ2のほかに2021年3月までに出るソフトとは一体何なのか。

  7. 匿名 より:

    ってことはあつ森以外ろくに新作が無いのは予定通りってことか
    ライトゲーマー中心の任天堂ハードならそれで十分って判断なのかな?

  8. 匿名 より:

    今年に出る物は既にほぼほぼ完成しているだろうし、来年出る物も形としてはすでに出来上がって後はバグ取りだろうし、想定範囲無いだろうね
    テスターを一か所集めてセキュアにできないのがコロナ前からの想定外だろうけど、昨今では後からパッチ修正は可能だしな
    問題が出るとしたら再来年以降のソフトだろうね

  9. 匿名 より:

    カタログチケットの期限延長してほしいね

  10. 匿名 より:

    モノリスの新作期待してる

  11. 匿名 より:

    ゼルダは下手なものが出てくるくらいなら延期でいいよ~