ニンテンドースイッチ、オンラインの支払いはプリペイドやゴールドポイントも可能

ニンテンドースイッチ、オンラインの支払いはプリペイドやゴールドポイントも可能

 ニンテンドースイッチのオンライン有料化がもうすぐ開始されます。

 今回、その支払いについての情報が少し出ています。

 

ニンテンドースイッチ、オンライン有料化

ニンテンドースイッチ、オンライン有料化

 ニンテンドースイッチは、2018年9月19日(水)にオンラインプレイが有料化されます。

 有料化後、「スプラトゥーン2」や「マリオカート8 DX」などのオンラインプレイを楽しみたい場合は、個人プラン、またはファミリープランに加入する必要があります。

 個人とファミリーの違いは、そのまま、1人(個人)で加入するか、複数人(家族)で同時に加入するかです。

 ファミリープランの場合は、最大8アカウントまで利用可能なので、アカウント数が多いほどお得です。

 ちなみに、ガチファミリーだけではなく、個人で複数アカウントを使用する場合もファミリープランに加入可能です。

 

ニンテンドースイッチのオンラインサービスの支払いは、スイッチのeショップでのソフトの購入と同じです

オンラインの支払いは…

 ニンテンドースイッチのオンラインサービスの支払いは、スイッチのeショップでのソフト購入と同じです。

 つまり、「オンラインサービス利用権」という商品が、ニンテンドーeショップに追加されるので、それをダウンロードソフトのように購入するイメージです。

 このため、オンラインサービスの支払いは、クレジットカードでの決済の他に、プリペイドカードを使って残高を加算し、そこから支払うことも可能です。

 また、ニンテンドーeショップでは、ソフトを購入したときに貰える「ゴールドポイント」が1ポイント1円で使えるようになっていますが、これも当然、ダウンロードソフトを購入するときと同じように使えます。

 ちなみに、ファミリープランの購入だけは、支払いは前述の方法が全て使えますが、年齢確認の意味で、クレジットカードもしくはPayPalアカウントを、事前にニンテンドーeショップに登録しておく必要があります。

 

ソフトを購入したときに貰える「ゴールドポイント」が1ポイント1円で使えるようになっていますが、これも当然、ダウンロードソフトを購入するときと同じように使えます

プリペイドカードも登場

 ニンテンドースイッチの有料のオンラインサービスについては、クレジットカードなどがない場合、前述のように、ニンテンドープリペイドカードなどを購入して残高を追加すれば利用可能です。

 また、オンラインサービス用のプリペイドカードも別途登場します。

 登場するオンライン用のプリペイドカードは、個人プランの3カ月と12か月の利用権です。

 これを購入して、番号をeショップに登録すれば、ダウンロードソフトの引き換えと同じく、オンラインサービスの利用権を購入した状態になります。

 よって、ニンテンドープリペイドカードを購入して残高を追加しても結局は同じですが、オンラインサービスの利用権が分かりにくい場合は、このカードを購入するといいでしょう。

 販売は、2018年9月19日(水)から、全国のビックカメラ、ソフマップ、ジョーシン、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、イトーヨーカドー、エディオン、ゲオ、3Bee、TSUTAYA、ブック・スクウェア、古本市場で行われます。

 また、Amazonや楽天で「番号」だけの販売も実施されます。

 ちなみに、前述のように、任天堂が年齢確認を行いたいため、ファミリープラン用のプリペイドカードの販売はありません。

 なお、オンラインサービスの開始時に、ニンテンドーeショップで、1アカウント1回限りの「7日間無料体験」の0円販売もあるので、加入予定の人は、まずはこちらを「購入」するといいでしょう。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ゴールドポイント使えるのはいいね
    新作のソフトでだいたい300くらいのゴールドポイントはもらえるし