任天堂、テンセントに超越式模倣のターゲットにされる? エッセンスを習得

任天堂、テンセントに超越式模倣のターゲットにされる? エッセンスを習得

 任天堂に関する話題が1つ出ています。

 今回は、テンセントに超越式模倣のターゲットにされているのではないかというものです。

 

任天堂のゲーム制作エッセンスを習得

任天堂のゲーム制作エッセンスを習得

 任天堂は、テンセントと業務提携し、中国でニンテンドースイッチを販売しようとしています。

 企業の中国進出は、全技術情報の開示を強制されるなど、目先で得られるメリットよりも、後々、自分自身が脅かされる存在を誕生させてしまうなどのリスクしかないと、アメリカを筆頭にようやく気付き始め、最近は敬遠されがちです。

 例えば、スマホなどは既に、iPhoneっぽいものなど、中国の製品が全世界で急速に普及しつつあります。

 ただ、任天堂は、そういったリスクが世界的に大きく報じられる前から準備していたからか、皆が逃げ始めるタイミングで中国進出を行おうとしている状態になっています。

 今回、この中国進出を行うために業務提携したテンセントが、任天堂との関係についてコメントしています。

 これによると、テンセントは、単に任天堂が中国でニンテンドースイッチを売るために協力するだけではなく、「任天堂の技術者からコンソールゲーム制作のエッセンスを習得する」ことを望んでいるそうです。

 

「超越式模倣」により、10年後ぐらいには任天堂ハードっぽいテンセントのゲームハードが世界で話題になる日が来そう

超越式模倣のターゲットにされる?

 どのような企業でも、業務提携などをすれば、お互いに学び合うことは普通にあると思われます。

 ただ、テンセントの場合は、

 先駆者を徹底研究し、改良したプロダクトを後から出す。そしてそれを圧倒的な資本力と広告力によって押し出し、先行者を超えていく、というのがテンセントの常套手段

報じられており、このスタイルをテンセントが自ら「超越式模倣」と呼んでいるそうです。

 よって、任天堂との業務提携は、「お互いに学び合う」で終わればいいのですが、実際には、「任天堂の技術者からコンソールゲーム制作のエッセンスを習得する」などのコメントも出ていることから、次の「超越式模倣」のターゲットにされている感じも強いです。

 ちなみに、任天堂という企業そのものを中国企業が買収することは、株主構成などの関係もありほぼ無理だと思われます。

 ただ、任天堂がどう対処するかによるものの、「超越式模倣」により、10年後ぐらいには任天堂ハードっぽいテンセントのゲームハードが世界で話題になる日が来そうな感じもあります。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    今後未来の家庭用ゲームという業界がどうなるのかは分からないがこの話が本当なら中国発のゲーム機が新たな参入者として来る可能性は無きにしも非ずだな。
    ただ任天堂のゲームは任天堂のものだからそこが揺らぐ事はないかと

  2. 匿名 より:

    パクリとは違うの?

  3. 匿名 より:

    任天堂のゲーム無しでハードだけ真似したって何にもならん…

  4. 匿名 より:

    SFCからプレステが生まれたように、別物になるんじゃないかなぁ

  5. 匿名 より:

    肝心な部分が分からんな。
    そもそも任天堂からどんなエッセンスを習得するんだ。
    ハード的な部分ならNvidiaの方に比重が多いと思うし、ていうかその分野はテンセントの方がずっと進んでるはずでは。
    単に物量や技術的な部分でスケールのでかいゲームなら任天堂以外にも山ほどあるし、わざわざ提携しなくても模倣できるはず。テンセントの傘下にいっぱいそういう会社があるし。

    もしかしたら任天堂っぽいキャラクターを模倣しようってことなのかなぁ

  6. 匿名 より:

    大事なのはソフトだからな

  7. 匿名 より:

    ニンテンドースイッチの販売許可は取り消されたので
    うちのハードでソフト出して下さいとか言いそう
    出さなきゃ任天堂は中国人を見捨てたとかいう官製デモもセットでね

  8. 匿名 より:

    中国人は中国が作ったものは嫌い。

  9. 匿名 より:

    任天堂は映像的な技術や最新AI云々のテクノロジーじゃなくて、一番大事なゲーム作りのノウハウがずば抜けてるから、此処に限らず何処もそのノウハウを欲しがるのは当然か。
    ただマリオを真似たゲームが出てもマリオを超える事が出来ないように、ただの金掛けた猿真似程度で面白いモノは作れないと思う。実際テンセントは金儲けと囲い込みが上手いだけで、絶賛するほど優れたIP無いし

  10. 匿名 より:

    任天堂の最も強い所は強力なIPだからあまり大きなダメージにはならなさそう
    むしろどのようにパクってくるか興味ある

  11. 匿名 より:

    センスまで習得できるってなら、もうどうしょうもないし、システム的ノウハウ的な話ならむしろ輪を広げてほしいわ

  12. 匿名 より:

    中国は「威力棒Vii」というパクリの前科がある
    中国を信用したらダメ!

  13. 匿名 より:

    IP利用したいとも言うてたやろ
    そんな簡単に利用させて良いのかな

  14. 匿名 より:

    3DSの後継機出してくれないかな?

  15. 匿名 より:

    また任天堂からプレステみたいなものが生まれそうなら技術は渡さない方が良いかもしれませんね
    ライバル機は少ない方が動きやすいかと
    後々面倒な事になりますし

  16. 匿名 より:

    狙いは欧米進出の足掛かりらしいね。
    10年先を考えると中国はどうなってるか不明だから、国際企業としてはただしい判断かと。
    任天堂に学ぼうというのも良い判断だ。
    ゲーム作りは工程を教えても簡単にできるものではない事は誰もが知るところ。
    しかし、テンセントが時間と資金を掛けて、じっくり取り組めば、10年後には良いソフトを作るスタジオを量産してるかもな。
    ただパクろうとするには任天堂は良い相手じゃない。
    特別な技術や特許を大量保有する企業じゃないからね。
    その上で任天堂に狙いを定めたテンセントは、いい目をしてると思う