オクトパストラベラー、新作が開発中。家庭用ゲームという言い方…

オクトパストラベラー、新作が開発中。家庭用ゲームという言い方…

 スクウェア・エニックスの「オクトパストラベラー」について、少し情報が出ています。

 今回は、新作が開発中であると発表されています。

 

オクトパストラベラー、新作が開発中

オクトパストラベラー、新作が開発中

 「オクトパストラベラー」については、まず、スマホ用の新作ゲームとして、「オクトパストラベラー 大陸の覇者」というものが発表されています。

 今作は、ニンテンドースイッチで発売された作品の数年前の世界を舞台にした新作です。

 スイッチ版と同じく、「HD-2D」とスクエニが呼んでいる、少し変わったグラフィックが特徴になっています。

 また、基本システムもスイッチ版と大体同じであり、最大8人のパーティを編成して戦う、進化したコマンドバトルを行う仕様です。

 「オクトパストラベラー 大陸の覇者」の配信は、2019年内に行われ、先行体験版の配信が2019年3月12日(火)からスタートします。

 ちなみに、今作は、基本プレイ無料、アイテム課金制のゲームです。

 

家庭用ゲームという言い方…

 スクウェア・エニックスの「オクトパストラベラー」は、ニンテンドースイッチで発売され、全世界で150万本も売れたので、完全新規作品としては、大成功したと言っていいゲームです。

 しかし、最近のスクエニは、何でもすぐにスマホゲーにしがちであり、そこで集金ゲーと化すので、今回の「オクトパストラベラー」の「スマホ行き」も、もちろん、喜んでいる人も多数いると思われますが、ニンテンドースイッチでプレイしていた人々から批判が出ています。

 ただ、そういった反応が出ることは予想していたのか、オクトパストラベラー公式は、「家庭用ゲームで新作をお待ちの皆さんも、すみません、今しばらく制作のお時間をいただきますので」ということをコメントしています。

 よって、スマホだけではなく、家庭用ゲーム版も開発中であると発表された状態になっています。

 ちなみに、スクエニは、すぐスマホに行くなど、売れたプラットフォームから簡単に離脱してしまう体質なので、この「家庭用ゲーム」という言い方も引っ掛かる部分があるかもしれません。

 「ニンテンドースイッチで新作をお待ちの皆さん」ではなく、「家庭用ゲームで新作をお待ちの皆さん」と言って来るあたり、今度の新作はマルチ化するのではないかというような疑問も出て来ます。

オクトパストラベラー公式は、「家庭用ゲームで新作をお待ちの皆さんも、すみません、今しばらく制作のお時間をいただきますので」ということ

 なお、「オクトパストラベラー 大陸の覇者」は、スイッチ版と同時に開発していたということも明らかにされているので、元から、スイッチでダメだったとしてもスマホがあるというような「保険」が掛けられていたような状態にもなっています。

 スイッチ版が売れた時点で、この「保険」は取り下げ、ストーリー的にも数年前というスマホ版を、ニンテンドースイッチ向けとして再開発するぐらいの決断力があれば、ブランド力は上がったと思われますが、そうしなかったことで、今後もユーザーの疑心暗鬼は続くかもしれません。

 オクトパストラベラー 大陸の覇者

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    過去にスマホゲーム化してブランドをダメにした経緯があるんだったら何故性懲りもなくスマホゲーム化しようだなんて思ったのか…ディシディアオペラオムニアの様に成功したゲームも少なくはないがコンシューマー向けゲームのスマホゲーム化はただでさえ当たり風が強いってのが分からないのかね…

    そしてSwitch向けスクエニ独占タイトルとは如何に…後々になってPSに完全版とか出してきそう、SwitchでFF出してやったんだからこれぐらい良いだろってか?

  2. 匿名 より:

    スクエニはゲーム作りとファンの心掴む術を今のカプコンから学んだ方が良いんじゃない?LEFT ALIVEもそうだけど、上げてから落とすの多過ぎてわざとシリーズファン煽ってるのかと思うときあるわ

  3. 匿名 より:

    スクエニのソシャゲでまともに続いてる物が数十本のうちの1つとか、その程度のレベルだからなぁ
    雨後の竹の子のように山ほど作っては、自社のフォローも無く消えてくものばかり
    そんな中にオクトラも放り込まれて…という現状、誰が歓迎するんだって話だわ

    スクエニがこれまで自社のスマホゲーを手厚くフォローしてたなら、今回の流れも歓迎されてただろうけど、避難轟々なのも自業自得としか言えない

  4. 匿名 より:

    任天堂が海外の宣伝やローカライズで協力してたりE3のツリーハウスライブで生放送してたり任天堂と関わりの深いオクトパスだけど新作でSwitchだけ除け者なんて事はないだろうけど家庭用って言い方的に独占もなさそう

  5. 匿名 より:

    ブレイブリーの二の舞っていう意見あるけどあれはソシャゲが原因で廃れたわけじゃないでしょ

  6. 匿名 より:

    てかさ
    スイッチのDL専ゲーで配信すれば
    よかったのでは・・?

  7. 匿名 より:

    >スイッチのDL専ゲーで配信すれば

    オクトラの開発中にスマホ版の声をかけたみたいなので、最初からSwitchで売れなくても保険かけてたんだと思う
    で、そこまで昔から同時製作だったから、評価が出た頃には完成状態でプラットフォーム移せないし、会社の金で作ってるから出すしかない。
    現状でソシャゲ化は評判が悪くなるの分かってるから、家庭用の新作も作りますよ~とフォローっぽく言い訳した

  8. 匿名 より:

    次がCS版でもソシャゲ版プレイ前提シナリオってことだよね多分

  9. 匿名 より:

    スクエニのスマホゲーは、流行っているのはかなりの少数で、すぐにサービスしたゲームが大量にあるからね。そりゃ警戒されるわ

  10. 匿名 より:

    スマホゲーでブランドが落ちた例って何?
    よく比較に出されるブレイブリーはブラウザゲーだし最近までサービス続いてたぞ
    ブレイブリーの展開が途切れたのはセカンドが不評だったからでしょ

  11. 匿名 より:

    FFもドラクエがどう見てもナンバリングのブランドがかなり落ちてるでしょ
    何年かに一度の本編、間にたまに出る外伝やスピンオフでブランド力上手く保ってきたのに、こうもしつこいくらいにFFとDQを四六時中CMでもどこでも押されたらプレミア感も無くなるし食傷気味にもなるわ

  12. 匿名 より:

    >スマホゲーでブランドが落ちた例って何?

    スマホゲーの外伝で『ソフトのブランド』が落ちたなじゃなく、山ほどスマホゲー作ってはサービス終了を繰り返す『スクエニのスマホゲーのブランド』が地に落ちてるんじゃないかと
    このプラットフォーム自体の評価がどん底だから、単発のソフトシリーズ取り上げても話噛み合わないと思う