スマブラ

スマブラ スペシャル、EVO参加なしに。ソニーに買収されたのでパンダに全力か

スポンサーリンク
スマブラ スペシャル、EVO参加なしに。ソニーに買収されたのでパンダに全力か

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」について、1つ話題が出ています。

 話題は、EVO参加なしになっているというものです。

 

スマブラSP、EVOなし

スマブラSP、EVOなし

 世界最大の格闘ゲームのeスポーツ大会「EVO」(Evolution Championship Series)が、今年も開催されます。

 今年のEVOは、現地時間で2022年8月5日からラスベガスで開催されます。

 そして、この開催に合わせて、EVOの運営が案内を出しています。

 それは、去年などもオンライン開催の影響で参加はなかったものの、久々のオフライン開催となる2022年のEVOも、「スマブラ スペシャル」の参加がないというものです。

 EVO運営によると、2022年の競技種目に「スマブラ スペシャル」が採用されなかったのは、任天堂が許可を出さなかったからだとしています。

 また、任天堂のこの決定を残念に思うということも明らかにされています。

 

EVO運営によると、2022年の競技種目に「スマブラ スペシャル」が採用されなかったのは、任天堂が許可を出さなかったから

ソニーに買収されたので…

 eスポーツ大会「EVO」は、元々は単なるファンが行っていた「ゲーム大会」でした。

 しかし、徐々に「事業化」していき、現在は完全に「ビジネス」になっています。

 そして、2021年3月に、このビジネスが、ソニーとRTSというイベント運営会社によって共同買収されています。

 つまり、ざっくり言えば、EVOは現在はソニーの1事業になっているということです。

 よって、「スマブラ スペシャル」がEVOに参加しないという決定を行った理由は説明されていませんが、ライバル企業であるソニーの1事業になった時点で、任天堂がEVOに関わることは出来ないという決定がなされるのはある意味当然だと言えるものです。

 

「スマブラ スペシャル」がEVOに参加しないという決定を行った理由は説明されていませんが、ライバル企業であるソニーの1事業になった時点で、任天堂がEVO

パンダに全力か

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」は、世界最大の格闘ゲームのeスポーツ大会「EVO」に参加しないとなると、今後、世界的なeスポーツ大会でそのプレイを見ることが出来ないと思う人もいるかもしれません。

 しかし、実際にはそうではなく、任天堂はEVOがソニーに買収されてしまった時点から、「次」の準備を始めています。

 それは、「Panda Global」という、アメリカのeスポーツ団体と提携しているというものです。

 このパンダは、現在はまだ全然話題になっていない団体ですが、任天堂と「スマブラ スペシャル」を使った大会を開催するという契約を取り付けています。

 しかも、世界初、史上初の任天堂公認の賞金ありの大会の開催が許可されています。

 よって、今後、スマブラのeスポーツ関連では、このパンダによる大会が盛り上がることは確実であり、任天堂はソニーのゲーム大会EVOから撤退し、中立なパンダのeスポーツ大会に全力で協力していくとみられています。

  EVO

コメント

  1. とり より:

    パンダってスマブラでも最上位プレイヤーのmarssとかesamが所属してるチームだよね。
    日本人プレイヤーもEVOに参加したかっただろうから他にも大会開催してくれるなら嬉しいね。

  2. 匿名 より:

    まぁ当然だわな

  3. 匿名 より:

    海外だと任天堂クソみたいに言ってるやつも多いな
    ソニーに関わらないって当たり前のことなんだけどなあ
    ソニーも任天堂のイベントに出たりしないんだし
    どっちも当たり前なんだけど

  4. 匿名 より:

    スマブラ無しのEVOなんて視聴者数酷くなりそう
    儲けほとんど無しになりそう

  5. 匿名 より:

    むしろ、ソニーのビジネスに飲まれたEVOを叩くのが道理だよな
    そら任天堂さまはこうなる

  6. 匿名 より:

    格ゲーってスマブラ以外マイナーなのになぁ
    EVOはそれでいいのだろうか

  7. 匿名 より:

    陰謀論だなぁ
    収益が出ると思っているからやるんでしょ
    大体スマブラ以外マイナーとか他の格ゲーにも失礼だよ

タイトルとURLをコピーしました