スマブラ スペシャル、避難所への導入事例が登場。ストレス緩和のため

スマブラ スペシャル、避難所への導入事例が登場。ストレス緩和のため

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」について、1つ話題が出ています。

 今回は、避難所への導入事例が登場したと報じられています。

 

スマブラ スペシャル、避難所へ導入

スマブラ スペシャル、避難所へ導入

 「ハギビス」こと、2019年10月中旬の台風19号により、関東地方や東北地方などに大きな被害が発生しています。

 この台風は、事前にこれまでにないほどの威力になっていると警告されていたので、各地で避難所が設置される状態になっていました。

 そして、結果的に避難所が特に必要のなかった地域もあったものの、今もなお避難所暮らしが続く地域も存在する状況が発生しています。

 今回、このような避難所に、ゲーム機が導入される事例が報告されています。

 それは、長野市のとある避難所です。

 この避難所には、ニンテンドースイッチの「スマブラ スペシャル」で遊べるスペースが設けられているそうです。

 

ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」が避難所に導入されたのは、子供たちのストレスを緩和

ストレス緩和のため

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」が避難所に導入されたのは、子供たちのストレスを緩和させるためです。

 この避難所では、今回は実験的な意味合いもあるようですが、これまでの生活と似たような環境が提供されることで、子供たちがリラックス出来るようにしているそうです。

 実際、ニンテンドースイッチのスマブラ導入後、避難所に子供たちの歓声が響いたとされています。

避難所でのストレス緩和には、特にスマブラやスイッチである必要はないものではありますが、被災地の子供たちへの支援活動

 ちなみに、今回のゲーム機の導入は、任天堂が行っているものではなく、被災地復興を支援しているNTT東日本長野支店が、公衆無線LANの設置を行う過程で、子供たちのストレスを減らす環境が欲しいという声や、子供たちが暇を持て余しているという声を聞いて設置を決めた事例になっています。

 また、長野市の別の避難所では、ボランティアが子供たちとカードゲームで遊ぶことで、そのストレスを緩和させる活動を行っていることなども報じられています。

 よって、避難所での子供たちのストレス緩和には、特にスマブラやスイッチである必要はないものの、このようなテレビゲームやカードゲームなどによる遊びでの支援も有効のようです。

 なお、2019年10月中旬の台風19号では、大人が避難所でVRゲームをプレイしている様子が、別の避難者のストレスを緩和させていたというツイートも話題になっています。

  asahi.com
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    良いねぇ~

  2. 匿名 より:

    VRの人、使ってるのOculusなのに周りにPCらしきものが見当たらない辺り、場を和ませるためにやったのかもね

  3. 匿名 より:

    爺婆も参加出来るゲームがいいね。スマブラは厳しい。マリオですらモト冬樹状態。

  4. 匿名 より:

    >爺婆も参加出来るゲームがいいね。スマブラは厳しい。マリオですらモト冬樹状態。

    爺婆はそもそもやらないし、覚えるところからかなり時間掛かりそう
    それにこれ子供向けに用意されてるから
    爺婆にはビデオゲームじゃなくてテーブルゲームとかトランプが良さそうだよね

  5. 匿名 より:

    スマブラは人気は勿論だけど複数人で遊べて且つ一回の対戦が比較的早く終わるからすぐ別の人と交代出来るってのが良いかも

  6. 匿名 より:

    ちゃんとパックンやバンカズまで揃えてたらかなりいいとおもう。

  7. 匿名 より:

    シニア向けなのは強制スクロール式のシューティングゲームではなかろうか

  8. 匿名 より:

    >>14:15
    オキュラスクエストだと、単独で動かせるので良いですよね〜
    https://www.oculus.com/quest/?locale=ja_JP

  9. 匿名 より:

    >シニア向けなのは強制スクロール式のシューティングゲームではなかろうか

    そういうのって結構反射神経大事だから向かないと思う

  10. 匿名 より:

    余計ストレスたまるだろw