スマブラ スペシャル、スティーブ参戦は最低でも5年以上前からの構想

スマブラ スペシャル、スティーブ参戦は最低でも5年以上前からの構想

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」について、1つ話題が出ています。

 今回は、スティーブ参戦は最低でも5年以上前から構想されていたというものです。

 

スマブラSP、スティーブに5年以上

スマブラSP、スティーブに5年以上

 「スマブラ スペシャル」は、先の記事でご紹介したように、マインクラフトのスティーブが、有料ダウンロードコンテンツ第2弾の2人目のキャラとして参戦します。

 また、色替えで、アレックス、ゾンビ、エンダーマンも参戦します。

 今回、この参戦の実現に関して、マインクラフトの開発元「Mojang」の元開発者Daniel ‘Kappische’ Kaplan氏がコメントしています。

 これによると、スマブラへのスティーブ参戦は、自分がMojangに在籍していた頃から構想されており、最低でも5年以上前から行われていたそうです。

 ただ、「構想」は5年以上前であるものの、その計画がいつ具体的に決まり、いつから実装するための作業が始まったのかは知らないとしています。

スマブラへのスティーブ参戦は、自分がMojangに在籍していたころから構想されており、最低でも5年以上前から行われていたそう

 ちなみに、今(2020年10月)から5年以上前というと、「スマブラ 3DS WiiU」の時代です。

 また、この頃は、マインクラフトがWiiUにやって来る少し前の時期でもありました。

 そして、このWiiU版マインクラフトは、マリオ要素が含まれたものになっていました。

 このため、任天堂とマイクロソフトが、WiiU版「マインクラフト」の開発について話し合っているときに、スマブラ参戦についての話が出たような感じかもしれません。

 そして、そのときは、「構想」というよりも何気ない普通の会話だったかもしれないものの、DLC第1弾でもなく、リリースするかどうかも分からなかったDLC第2弾での参戦になっているということは、「スマブラ スペシャル」の更なるダウンロードコンテンツの開発にあたり、そのときの話が思い出され、少し前から具体的な開発が進行し出したというような印象もあります。

  Kappische
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    まあ5年以上続けて定期的に話し合いが行われていたとかそういうのではなくて、最初に話が出たのが5年以上前ってことだよね

  2. 匿名 より:

    これで歴史が浅いゲームも参戦できるのか

  3. 匿名 より:

    現在人気であれば歴史の浅さは関係無いでしょ
    その人気度合いも桁違いだし
    次回作が出る頃に人気が無くなれば消える可能性が高まるだけで
    一応リリースから2014年時点で5年、2020年で11年だから現在なら全然浅くはなかったり

  4. 匿名 より:

    歴史が浅いとかARMSさんはどうなるんじゃい!

  5. 匿名 より:

    他社のこと言ってるんでしょ
    自社ならスマブラ64の時点でポケモンとか歴史がめちゃくちゃ浅かったぞ