ゼルダの伝説、トワプリンク像が日本で展示。海外版とは少し違う

ゼルダの伝説、トワプリンク像が日本で展示。海外版とは少し違う

 任天堂の「ゼルダの伝説」について、1つ話題が出ています。

 今回は、海外版とは少し違う、トワプリンク像が日本で展示されるというものです。

 

ゼルダの伝説、トワプリンク像が日本に

ゼルダの伝説、トワプリンク像が日本に

 任天堂は、2019年11月22日(金)に、渋谷パルコ内にオフィシャルショップをオープンさせます。

 今回、このオフィシャルショップに展示されるオブジェクトが一部公開されています。

任天堂のオフィシャルショップ「ニンテンドートーキョー」には、「ゼルダの伝説」のリンクのスタチューが展示

 これによると、任天堂のオフィシャルショップ「ニンテンドートーキョー」には、「ゼルダの伝説」のリンクのスタチューが展示されるそうです。

 このリンクのスタチューは、上のようなものであり、今のところ全身は公開されていません。

 ただ、顔や装備などから「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」のリンクになっていると言われています。

 

このリンクのスタチューは、上のようなものであり、今のところ全身は公開されていません

海外版とは少し違うものに

 任天堂の「ゼルダの伝説」のリンクは、任天堂の看板キャラクターの中では、像にしたときの見栄えが最も良いからか、これまでも海外のオフィシャルショップなどでスタチュー化されています。

 ただ、今回のニンテンドートーキョーのトワプリンク像は、海外版とは少し違うものになっています。

顔や装備などから「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」のリンクになっていると言われています

 海外版のトワプリンク像は、上のようなものであり、こちらは顔が少し濃い感じなので、日本版の方が、最近描かれるリンクのイメージに近いかもしれません。

 ちなみに、上の海外版のトワプリンク像は、アメリカのニューヨークにある任天堂のオフィシャルショップ「ニンテンドーNY」に設置されています。

 そして、そこで一緒に写真を撮影することも許可されているので、ニューヨークに旅行に行くことがあればチェックしてみましょう。

今回のニンテンドートーキョーのトワプリンク像は、海外版とは少し違うものになっています

 なお、ニンテンドートーキョーには、マリオ像が設置されていることも明らかにされています。

 こちらも全身のデザインは今のところ不明ですが、公開されている部分のデザインは良い感じです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    顔つきはトワプリというよりブレスオブザワイルドのリンクに近い気がする

  2. ドラクエXプレイ中 より:

    NY版リンクは顔の濃さと脇の雑草のせいで作物育てるお兄さん感半端ないな。
    日本版の方がイケメン度高い。
    でもなんでどちらもトワプリなのだろうか?
    時オカの方が知名度イメージ高いし、ヒットしたBWリンクはリンクっぽくないからかな?
    マリオも髭がふさふさしとんな。

  3. 匿名 より:

    ↑トワプリリンクは30周年のときのアートワークにも選ばれたし、緑衣のリンクがメインの作品の中ではトワプリが一番売れてるからじゃない?

  4. 匿名 より:

    配信期待してまう

  5. 匿名 より:

    単純に作った会社が違うってことなんだろうけど、海外のがゲームと比べて面長で脚の太さも変でバランスが悪いのに比べて、日本のはゲームにかなり忠実に再現されていていいね