あつまれ どうぶつの森、マルチプレイが進化。同じ島の住民と同時に遊べる

あつまれ どうぶつの森、マルチプレイが進化。同じ島の住民と同時に遊べる

 ニンテンドースイッチ「あつまれ どうぶつの森」についての情報が、海外のゲームニュースで配信されています。

 この中で、E3のときに説明されていたものと大体同じですが、今作はマルチプレイが進化していることなどがコメントされています。

 

あつまれ どうぶつの森、マルチプレイが進化

あつまれ どうぶつの森、マルチプレイが進化

 「あつまれ どうぶつの森」は、どうぶつの森シリーズの新作として、2020年3月20日に発売予定です。

 今作は、基本的にはこれまでのどうぶつの森シリーズと同じようなゲームシステムになっていますが、様々な部分が進化しています。

 その進化ポイントの1つに、マルチプレイ要素があります。

今回のニンテンドースイッチ「あつまれ どうぶつの森」でも、過去作と同じような機能が搭載されています

 マルチプレイとは、友人などと一緒にプレイ出来る機能であり、過去作にも登場していました。

 そして、今回の「あつまれ どうぶつの森」でも、過去作と同じような機能が搭載されています。

 つまり、今作は、「村」ではなく「島」でのプレイとなりますが、自分の島に友人を招待したり、友人の島に出かけて行ったりすることが可能です。

 このような島の行き来のマルチプレイは、最大で8人まで同時に1つの島で遊べるようになっています。

 

ニンテンドースイッチ「あつまれ どうぶつの森」の前述のマルチプレイは、ローカル通信、またはインターネットを介して、他の島の住民がやって来る

同じ島の住民と同時に遊べる

 ニンテンドースイッチ「あつまれ どうぶつの森」の前述のマルチプレイは、ローカル通信、またはインターネットを介して、他の島の住民がやって来るというようなものです。

 今回は、これ以外に、同じ島に住んでいる住民同士で最大で4人まで同時に遊べる機能も登場します。

 この機能は、1つのニンテンドースイッチ本体を使って、TVなどの同じゲーム画面上で同時プレイが可能になるものです。

「あつまれ どうぶつの森」は、家で兄弟などが一緒にプレイすることが、過去作よりも行いやすくなっています

 また、この同じ島に住んでいる住民同士のマルチプレイは、ジョイコンのおすそ分けプレイにも対応しているので、2人までは追加のコントローラーなしで、すぐ同時プレイが出来るようになっています。

 よって、「あつまれ どうぶつの森」は、家で兄弟などが一緒にプレイすることが、過去作よりも行いやすくなっています。

 ちなみに、以前のように、時間差で同じ島の住民1人ずつ、別々に遊ぶことも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これはゲーム実況界で流行りそうだなー

  2. AKR より:

    同じ島住人でのマルチは分割画面対応してないなら、あまり魅力には感じないかもしれない。
    メインの住人の周りでしか行動範囲が絞られるとなると…。
    ただサブの方の住人のアイテムや家具の整理が可能なら嬉しい。